職場の上司から差別され冷たい態度をとられ悩んでいます。どうしたらいい?

スポンサーリンク

ピンクの桜の花一輪

人との相性が合う合わないってありますよね。

こればっかりは変えられず、馬が合わないな。そりが合わないな。と感じる人とは何をやっても合わないもの。

また、こちらが嫌いだな。苦手だな。嫌だな。と思っていると、間違いなく相手も、この人は嫌いだ。と思っていて、よけい溝(みぞ)は深まるばかり。

それが、上司と部下の関係だと仕事もうまく回らなくなってしまったりするので、大変ですよね。

スポンサーリンク

好き嫌いで差別する上司

人間、誰にも好きと嫌いはあるのはわかります。

しかし、あからさまにその違いを表にだして、ひとによって差別してくる上司もいますよね。

同じミスをした場合でも、人によって言い方や態度がまったく違う。

お気に入りのAさんがミスした場合は、「今度は気を付けてね。」で終わり。

しかし、私には「こんなできない今まで見たことないよ。」「何度言われればわかるんだ。」「まったくAさんとは大違いだ。」と怒られ、冷たい態度。

なんでここまで言われなきゃならないの。

Aさんの時の態度とは違いすぎる…。

仕事のすべてのストレスのはけ口にされてるんじゃないか。と思うくらいのすごい剣幕(けんまく)で怒られることもありますよね。

誰だって怒られていい気分の人なんていません。

あからさまに上司に差別されると、何をやっても怒られればやる気もなくなり、仕事も嫌になってしまいます。

そして、やる気がなくなると、またミスや怒られる原因を作ってしまうので悪循環。

こうなってしまうと、上司も自分もお互いが仕事がやりにくくなってしまうので、できればお互い嫌いじゃない関係の方が仕事もスムーズですよね。

差別する上司との付き合い方

期待されていると思う

よく、「怒られるということは、それだけ成長を期待されているからだ。」とも言われますよね。

確かにそう考えられれば、怒られることに対しても、「しかってくれている。怒られる。」⇒「期待されてるんだ。」⇒「ありがとうございます。」くらいの気持ちになるのかもしれません。

しかし、う~ん。

確かにそういう考えで怒ってくれる上司もいるかもしれませんが…。

ただ、嫌いで、頭にくるし、むかつくから怒りたくて怒っている上司も多いような…。

私も素直に「怒ってくれている。」とは思えず、今までも無理だったですが、そのため損をしている部分もあるかもしれません。

「怒られることに対して期待されている。」と変換するには、かなり広い心をもってないと難しいですが、そう思えることができれば、仕事に対しても意欲がかわってくるかもしれません。

上手く人と付き合う訓練だと思う

「人は好き嫌いがある」これは仕方のないことですよね。

それでも、仕事上では、嫌な人とでもどうにか付き合わなければいけません。

とくに上司と部下の関係だと、お互いが嫌いだな、苦手だなと思っていても仕事はしなくてはならないので、お互いがいい関係とまで行かなくても、せめて「嫌いだけどすごく嫌いってほどでもない」くらいの関係で保っていた方がいいですよね。

嫌いな人は、こちらも嫌っているから相手も嫌う。と言うことも考えられます。

怒られれば、その上司のすべてがすべて何もかも嫌いと思うこともありますが、最初に会った時はそこまで嫌だとは思っていなかったはず。

その上司にも、家族がいて、子供もいるかもしれません。
家族や子供には、いいお父さん、またはいいお母さんであるかもしれません。

なにか一つでもいいところ、何か共感できる部分があると、嫌いだと思っていた上司にもいろいろな面があるんだなと思えるようになれば、100%大っ嫌いと言う部分から、数%はまあそれほど嫌いではない部分もみえるかもしれません。

どうしても嫌な人や苦手な人と付き合わなければならない世の中。

人の気持ちを変えることはできないので、自分の考えを変えるしかありません

どうしたら、嫌な上司とでも仕事を円滑に進められるか。これもいい勉強だと思って、自分の気持ちをコントロールをしてみる練習の場だと考えられると、より成長することができますね。

人間関係をうまく築けることができれば、それが一番最強のビジネススキルなのではないかな。と思います。

上司との人間関係の関連記事はこちら

上司から毎日怒られて仕事も自分にも自信をもてなくなってしまったとき。自分の自信を取り戻す3つの方法についてご紹介します。
例えば、仕事でミスをしてしまい注意されたり、怒られたりと言うことはあります。 しかし、その注意の仕方にも怒り方ってありますよね...
なぜこの人が上司なの?という方が上司と言う権力だけはあるため、その部下になった場合ひどい扱いを受けることがあります。
error: Content is protected !!