リクルートエージェントの登録方法!申し込みの流れと入力内容まとめ

スポンサーリンク

笑顔のOL

転職支援サービス(アドバイザーさんが相談にのってくれて転職サポートしてくれる)は、今たくさんありますよね。

その中でも、リクルートエージェントは、転職成功実績No.1(約37万名の成功実績)と高く、求人数(非公開求人は業界最大級の約10万件)と多いのが特徴です。

人材紹介会社の大手「リクルート」が運営している転職支援サービスということで知名度や信頼度もあり、ここだけは外せないですよね。

今回は、リクルートエージェントに登録し、面談の予約をとる方法をお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク

リクルートエージェントに登録から内定までの流れ

リクルートエージェントに登録から転職するまでの流れについて、簡単にご紹介しておきますね。

リクルートエージェントに登録

キャリアアドバイザーさんとの面談(相談)
・ 転職の目的や希望条件の確認
・ 転職までのスケジュール
・ 悩みや不安なども聞くことができる

あなたに合った求人を紹介
・ 職務経歴書の書き方
・ 面接対策
など転職に必要なサポートをしてくれます。

気になったものに応募、書類選考
* 面接日程の調整もアドバイザーさんが行ってくれます。

面接

採用

内定
* 入社日の調整もアドバイザーが行ってくれます。

リクルートエージェントのアドバイザーさんは、返信のメールをすぐくれ、対応も親切で丁寧な印象です。

こういう転職支援サービスなら安心して転職活動ができますよね。

リクルートエージェントの申し込み方法

リクルートエージェント

それでは、リクルートエージェントに登録していきましょう。

主に入力する内容は下記の項目です。

1.  転職情報を入力

2.  プロフィール入力

3   現在の仕事の状況などを入力

4.  職務経歴を入力

ほとんどが、簡単に入力できするものなのですが、最後の職務経歴の項目が300~500文字で書かなければいけないので、それがちょっと面倒かもしれません。

入力画面を開く前に、〇年△月~×年△月まで働いていた会社名、業務内容など、今までの職歴を調べて、整理しておいた方が登録しやすいと思います。

それでは、登録していきましょう。

登録完了までは15~20分くらいです。

リクルートエージェントの申し込み方法を解説

転職サービス入力

まず、リクルートエージェントのサイトから「転職支援サービスお申込み(無料)」の画面を開きます。

【 転職情報を入力 】

・ 転職希望時期

・ 希望勤務地

・ 現在の職種

・ 現在の年収
* 現在の年収を入力する場合は、手取りの金額ではなく、税金などを引かれる前の1年間の合計金額を入力します。

・ メールアドレス

を入力したら『同意し次へ』をクリック。

【 プロフィールを入力 】

・ 名前、性別、生年月日

・ 住所

・ 電話番号

・ 最終学歴

を入力したら『次に進む』をクリック。

【 現在の仕事の状況などの入力 】

・ 経験社数

・ 現在の就労状況

・ 業種

・ 現在または直後の勤務先

・ 雇用形態

・ 在籍期間(何年何月入社、何年何月退社)

・ 英語レベル

・ 語学力・資格・学歴等(* 任意入力なので資格などがあれが入力すればOK)

を入力したら『次に進む』をクリック。

【 職務経歴を入力 】

・ 職務経歴を300~500文字で入力

・ 伝えておきたいこと(* 任意入力なので何か希望があれが入力すればOK)

・ 当サイトにアクセスしたきっかけ(選択式)

最後に「リクナビNEXT(ネクスト)スカウトサービスの同時に登録」をしますか。
と聞かれます。

リクナビネクストのスカウトサービスに登録しておくと、企業からのオファーが来ることもあります。

積極的に転職活動したいと思えば、リクナビネクストも登録したおいて損はないと思います。

ただ、あれもこれもとなると面倒だな。と思う人は、今回は登録しないで、リクルートエージェントを登録してみてから考えてもいいかもしれませんね。

入力が終わったら、『転職支援サービスに申し込む(無料)』をクリックして、申し込みが完了です。

* スマホで入力する場合は、入力の情報の順番がちょっと違うようですが、同じ内容を入力します。

面談の予約のメールが届く

その後、面談の予約のメールが来ますので、希望日を第3希望まで入力します。

* 面談は土日でも大丈夫です。

転職支援サービスの登録で気になること

年収や勤務先の入力は必要なの?

はじめて転職支援サービスを利用する場合、「現在の年収」や「現在または直後の勤務先」などを入力するのにちょっと抵抗がありますよね。

私は、年収がそれほど高くないし、個人的な情報を入力するに最初はとても嫌でした。

しかし、転職サービスを利用し転職するとなると、「年収」や「勤務先」は記入するところがほとんどです。

年収や勤務先を聞かれる目的としては、「あなたの能力やスキルに見合った仕事や業種を紹介するため」

前職の年収が600万円だった人に、年収400万円の仕事を紹介しても、給与が下がってしまうのでマッチする確率は低いですよね。

しかし、逆に前職の年収が300万円だった人に、年収400万円の仕事を紹介することができれば、年収が上がるので、転職者もハッピーで転職する確率は高くなるわけです。

ただ、私の個人的な意見としては、年収を他人に知られるのは、個人情報をばらしている気がして、入力するのに一瞬手が止まります。

でも、転職するためには必要な情報なんですよね。

年収を嘘を書いてはいけない理由

今の年収が低いから、本当の年収を入力しにくいな…。

低い年収を基準にされたら嫌だな。という気持ちもありますよね。

しかし、本当は年収300万円のところ500万円と入力して嘘をついてしまうと、あなたのスキルに見合わない難しい仕事に転職することになってしまったり、大変な思いをするかもしれません。

また、もしその会社に転職することになったら、年末調整のため、前の会社の源泉徴収票(給与の総支給額が書かれた紙)を提出するので、本当の年収がいずれバレます。

なので、年収や勤務先など登録の情報は正しく入力しておきましょう。

登録を断られることがある

転職支援サービスを利用すると、「紹介できる求人が少ない」という理由で、登録を断られる(面談に進めない)こともあります。

リクルートエージェントでも、やはり登録を断られることもあるようです。

大手で利用者が多い転職支援サービスだからこそ、最初の段階である程度しぼりこまないと、人数が対応しきれないのかもしれませんね。

だからこそ、サポートもしっかりしている印象です。

登録したら必ず転職しなくてはいけないの?

まだ、実際に転職するかどうか迷っているけど、転職について相談したい。というときでも登録できます。

公式サイトにも下記のような記載があります。

今すぐ転職は考えていませんが、相談だけでもいいですか?

問題ございません。面談にいらっしゃる方が、必ずしも転職の意思が固まっているわけではありません。まず、お客さまの思いや志向をおうかがいした上で、今後のキャリアプランを一緒に考えてさせていただきますので、ご相談だけでもお待ちしております。

転職について不安なことをまず相談できるところも嬉しいポイントですよね。

リクルートエージェント登録のまとめ

はじめて転職支援サービスを利用する場合、職歴などの入力項目が多くて、登録するのも大変で面倒だな。と感じてしまいますよね。

私も最初は、転職サイトに登録するのに時間がかかりました。

でも、一度登録してしまうと、他の転職サイトに登録するにも、同じことを入力すればいいので、だんだんに慣れてきて、登録も簡単にできるようになります。

他の転職支援サービスは、もっと細かく入力しなければ登録できない所もあるので、リクルートエージェントは、比較的、入力は簡単で登録しやすいです。

積極的に情報収集を行うことが、転職の成功のカギです。

リクルートエージェントのアドバイザーさんから、いい情報をたくさんもらって、あなたに合った仕事を探しましょう。

リクルートエージェントの登録はこちら

リクルートエージェント

error: Content is protected !!