職場の雰囲気が暗くて耐えられません。転職しようかと思うのですがどう思いますか?

スポンサーリンク

暗い道

職場の雰囲気はその職場、職場で全く違く、実際に働いてみないとわからない部分もありますよね。

すごくにぎやかな職場は、人の話し声、機械の音、電話の音がうるさいぐらいにガヤガヤしていて、落ち着かないし仕事に集中できないほど。

逆にすごく静かな職場は、仕事のことをちょっと話すだけでフロア中のみんなに聞こえてしまう…。

どっちもいい面・悪い面がありますよね。

スポンサーリンク

職場の雰囲気が暗い場合のメリット・デメリット

職場の雰囲気が暗い場合、

かわす言葉は「おはようございます。」「お疲れ様でした。」などのあいさつのだけで、その他は雑談・会話もなし。

仕事の指示はメール。

一日中、パソコンをたたくカタカタという音のみで、しーんと静まり返っている。

お昼もみんなで集まって食べるのに、ただ黙々と食べているだけ。
会話はなしで気まずい。

こういう職場は、静かすぎて息がつまり、それがかえって緊張してしまいそうですが、人間関係の面では深く付き合わなくてすむため、そっちでは気を使わず楽ですよね。

いい面

・ 人間関係がドライな分、悪口や嫌味、いじめなのどにも悩むことも少ない。

・ 静かなので仕事に集中できる。

・ よけいなことをしゃべらなくていい。

悪い面

・ 楽しくない。

・ つまらない。

職場が暗いというのは、職場の雰囲気が悪いわけではなく、ただ何となく活気がなく、淡々としている感じ。

別にその職場に嫌な人がいるわけでもないけれど、長い一日そこに居て働くのがなんとなく辛いかもしれません。

人によってにぎやかな職場、みんなでわいわい飲み会などが多い職場の方が好きという人もいるし、逆に職場では誰ともしゃべらずドライな関係を保っていたいと思う人もいると思います。

人によって職場の合う合わないはあるんですよね。

まとめ

私はどちらかと言うと、みんなでわいわい盛り上がるにぎやかな職場よりも、静かな職場の方が好きなので、とくに職場に嫌な人もいなく、怒られたり、嫌味を言われたりもせず、人間関係がまあまあだったら、職場の雰囲気が暗くても、そこに居さえすれば給料がもらえるなら…とも思います。

今まで職場で人間関係でつらいことが多かったので、よけいそう思うのかもしれません。

まあ、確かに静かすぎる職場もちょっと…とも思いますが、仕事は仕事を割り切って、仕事の終わった後や休日に、仕事以外の趣味や友達をつくって楽しむことができれば、それでバランスを保つこともできます。

ただ、どうしても静かすぎて職場に居るのが苦痛であれば、やはり自分に合う雰囲気の職場をみつけるのもひとつの道です。

こんなことくらいで辞めるなんて…と甘えという人もいるかもしれませんが、自分の人生なので、人から何と言われようと、自分で選んだ道が正解だと思います。

もし、転職という道を選ぶなら、人数の多い職場に行った方がそれだけ人もたくさんいるので、職場の雰囲気が暗いということはないと思います。

人数が多すぎたり、女性が多い職場だとまた今度は人間関係のトラブルのもとになるので、15~30人くらいで男性・女性それぞれ同じくらいいる職場がよいかな。(実際は入ってみないとわかりませんが…。)

面接の際、「何人くらいの方が一緒に働いているんですか。」など、同じフロアで働く人の人数が何人くらいいるのか聞いてみるのもいいですね。

「転職する」というのも、以前より良い職場になる可能性もありますが、以前より悪くなる可能性もあり、大きな賭け(かけ)です。

もう一度、今の仕事や職場に対してのいい面・悪い面を書きだしてみて、後悔しないように決めましょう。

error: Content is protected !!