仕事で電話をとるのが怖い!そんな時の対策方法

スポンサーリンク

電話

「電話を取るのは新人の仕事。」

そのような風潮が多くの会社ではあるのではないでしょうか。

転職したばかり、または派遣されたばかりで、ただでさえ会社自体にも慣れていないのに、誰からからかかってくるかもわからない電話。

まだ社会人になりたてだった時や、転職先で慣れない頃、電話の呼び出し音を聞いただけでビックっとビクついていました。

・ 転送しようと思ってボタンを押し間違えて切ってしまったり。

・ 先方の社名が英語の長い名前で何度も聞き直して、少々キレ気味に言われたり。

・ 内容が全く分からない事を伝えておいてと言われたり。

取り次ぐことさえままならず、全くダメでした。

それから電話が少しは怖くなりました。

スポンサーリンク

電話が怖い理由

ほとんど、自分にはわからない内容。

上司や先輩への電話で、新人の自分にかかってくる電話はありません。

とある上司は、さっき上司に電話してきた○○さんからの電話だとわかっていても、自分の机で鳴っている電話をまったく取ろうとしません。

必ず「○○さんからお電話です。」と人に取り次いでもらってからでるのです。

なんか無駄じゃない?

ず~っとそう思っていました。

電話を取り次ぐことにより、手が止まり自分の仕事が中断します。

電話を切りほっとしていると「あれ?何やっていたんだっけ」ってこともよくあります。

しかし、最近は個人で会社用の携帯電話やPHSを持っているので、電話の取り次ぎも少なくなりました。

また、ナンバーディスプレイのような誰からの電話なのかわかる機能の電話が増えれば、電話対応ももっと楽になるのにな~と思います。

「電話が怖い」原因は、「受話器を取るまで誰からの電話かわからないから。」で、かけてくる人が分っていればそれほど怖くないと思うのです。

電話も慣れで回数をこなしていくと、同じような人からかかってくるし、大体わかってくるものです。

そこまでが大変なのですが…。

電話が怖くないようにするための対策

私は、社名や名前をメモして表を作ったり、電話がかかってくるであろう名前のリスト表をもらったりしておいたり、電話が鳴ったらその表をすぐ取り出しました。

耳で聞くだけでなく目で文字を見ることにより、安心感があったのです。

電話の応対、言葉使いには自信がありませんが、とりあえず「電話が怖い」は減りました。
まあ、減っただけで電話が苦手なことは苦手です。

先日、新聞に書かれていましたが、今の新入社員は、とくに連絡にはメールが多くなっていたり、携帯電話などが子供のころからあったため友達との連絡も直接本人とつながるため、電話で取り次いだりすることが苦手なんだそうです。

確かにこれだけメールやLINE(ライン)、Twitter(ツイッター)の連絡手段が増えていくなかで、電話はほとんどしなくなりましたよね。

もしかしたら、今後、会社での電話も少なくなり、電話が怖いという悩み自体なくなってしまう日が来るかもしれませんね。

error: Content is protected !!