仕事が半年経っても慣れない!辞めようか悩んでるけどまだ早い?

スポンサーリンク

落ち込む女性

新しい仕事を始めたときって、慣れるまでの期間、ほんと大変ですよね。

慣れていない道のりで仕事に行くまでで体力を使うし、職場にいけば気を使って疲れるし、仕事を覚えるのに頭も使って、もう一日終わるとへとへとでストレスもたまります。

私も新しい職場で半年たっても慣れなくて、自分の覚えの悪さに落ち込んだし、職場でも心がいつも落ち着かなく、その場になじめていないような気がしていました。

辞めて転職した方がいいのかな。

でも、まだ入って半年しかたっていないし辞めにくい…。

自分に我慢が足りないんじゃないか。

という気持ちもあると思います。

そこで、今回は、

半年たっても仕事に慣れなくて、また転職しようかどうしようか迷っているときの判断方法。

 半年で、辞めるのは早すぎるのか。

他の人は仕事に慣れるまでどれくらいかかったのか。

どうしたらいいかについて、私の体験談を含めて、お話ししていこうと思います。

スポンサーリンク

半年たっても慣れない時、転職すべきか頑張るべきか判断方法

バイトなどでも慣れるまでの期間として、試用期間は3ヶ月くらいというところが多いですよね。

つまり、どの仕事も3ヶ月くらいでだんだんと仕事の流れもわかって来ているはず…。

しかし、もう半年もたつのに仕事がまったく覚えられず慣れない!!!

早く慣れて、みんなと同じように仕事ができるなりたいな。とあせっても、慣れないものは慣れないし、覚えられないものは覚えられなし、できないものはできません。

それは、人には向き不向きもあるし、覚えるスピード、暗記力、要領の良さ悪さなども違うからです。

「慣れ」は、時間が解決してくれます。

でも、それまで耐えられるかは、上司や先輩、職場の人間関係が大きく影響します。

職場の人間関係がそれほど悪くなければ、頑張れると思います。

しかし、上司や先輩との関係が最悪であったり、職場でも孤立してしまっているなら、相当な忍耐力、精神力が必要になってくるでしょう。

そこで私の判断のひとつの方法は、ずばり、

上司や職場の人間関係や雰囲気が悪くなければ、もう少し頑張って続けてみる。

上司や先輩、職場の人間関係が悪くてもう耐えられないなら、辞める。

もし今、あなたが半年たっても仕事に全然慣れなくて、また転職しようか。どうしようかと迷っているなら、職場の人間関係がどうかで、考えてみてはいかがでしょうか。

職場に一人でも相談できる上司、先輩、仲間がいれば、仕事で辛いことがあっても救われるものですよね。

実際に私も半年たってもまったく覚えられないし、慣れないし、めちゃくちゃ大変な仕事がありました。

半年たってもまったく慣れなかった仕事の話

私がとある会社に派遣スタッフとして派遣されたとき、半年たってもまったく慣れなかった仕事がありました。

今までどの仕事でも大体3ヶ月いれば、一通りの自分のすべき仕事内容は覚え、仕事の全体像や流れは、一応はわかっていることが多かった気がするのですが…。

しかし、このときは、半年たってもまったく仕事の手順や内容が覚えられず、そのため職場の環境にもなじめず、なんとなく自分の居場所がないような浮いている感じ。

この職場は私には合っていない感じがして、仕事も私には荷が重すぎると毎日へこんでいました。

その会社での仕事の何がわからなかったかというと、とにかく仕事の全体像が全く見えず、今やっているこの業務はどの業務とつながっていくのか。という流れがよくわかりませんでした。

なぜ半年たっても仕事が覚えられず慣れなかったのか

その理由は、その仕事が数か月に1回、1年に1回、3年に1回の業務だったり、もしかすると1回きりで、今後もうないかもしれない業務もあったりするので、派遣先で教えてくれる社員さんもその業務をきちんと知っている人がいない状況。

「たぶんこれは前はこうしてたような気がする。」というようなあいまいな指示。

どの人に聞いても「よくわからない。」「覚えていない。」ということで、私ももちろんわからなく、はてな(?)がいっぱいのままの仕事でした。

とにかく、以前、その業務はどうしていたのか資料を読んで、その仕事にたずさわった人に覚えている大体の手順を聞きなんとか仕事をこなす日々。

でも、聞くって言ったって、みんなよくわからないから嫌そうな顔されるし、面倒くさがられて、聞くに聞けない…。

意味がわからないし、効率は悪いし、時間はかかるしで、もう毎日頭がパニックでした。

半年いてわかったことは、この時の仕事は、数ヶ月に1回や1年に1回、3年に1回しかない単発の仕事がたくさん集まっている業務だったということ。

しかも、いくつものパターンがあり、その種類がはんぱなく多い。

そのため、日々、新しいことを覚えなければならず、半年たっても全部のパターンを覚えることができず、いつまでもまったく慣れなかったのです。

いつまでもわからない状態は不安しかない

この時の仕事が過去を振り返っても今までで一番慣れなかった仕事で、覚えようとしてもその量が多すぎて、仕事から帰ってきても頭がグルグル回って、毎日頭がパンクしてしまいそうでした。

(実際、寝る時も仕事のことでいっぱいだったのでパンクしてたのかも!)

仕事以外にも、その職場の規則や当番、行事、職場の人の顔と名前も覚えたりすることもままならず、半年間もその職場に毎日いたにも関わらず、とにかくわからないことだらけ。

「覚える気がない。」「覚える時間がない。」というよりは、一気に覚えなければならない量が多すぎてパニックになってました。

実際は、少しずつは仕事も職場のことも慣れてきているんだとは思うのですが、どれくらい覚えればいいのかゴールがわからない状態。

仕事の責任は増えるのに、慣れないことへの不安すごくて、自分にはこの仕事は向いてないな。無理そうだなとは感じていました。

そして、さらに追い打ちをかけるように、職場での人間関係が人事異動などがあり悪化し、耐えられず、半年で派遣の期限が終了したとき辞めました。

今思い返しても、この仕事はどう頑張っても私にはできなかっただろう。と思います。

でも、もっと要領よく、社員さんたちに嫌がられてもしつこく聞いて、教えてもらって、自分ひとりで抱え込まないで、上司にももう少し相談すればよかったかも。という反省点はあります。

「○○先輩、ここのところちょっとわからないんですが、教えてください~。」みたいに、甘え上手で要領が良い人なら上手くいくのかもな…。

というわけで、「仕事が覚えられないし、職場にもなじめず慣れない」「人間関係の問題」もあり、結局、半年しか続けることができなかったのでした…。

半年で仕事を辞めるのは早すぎるのか?

一般的には、「石の上にも三年」と言われ、仕事も最低3年は頑張れと言われますよね。

gooの辞典によると意味はこちら

冷たい石の上でも3年も座りつづけていれば暖まってくる。がまん強く辛抱(しんぼう)すれば必ず成功することのたとえ。

そのため、半年で仕事を辞めるとなると、世間的には、「あきらめるのが早すぎる。」「我慢が足りない。」と言われるでしょう。

あなたが「まだちょっとあきらめるのは早いかもな。」「まだ我慢が足りないかもな。」と、「まだ、全力を出し切っていない」と感じるなら、まだ辞めるのは早いかもしれません。

しかし、今、仕事が慣れずに辛い状況で苦しんでいるのは、あなたです。

誰もかわってくれません。

たとえ半年でも、あなたが本当に一生懸命、仕事をやってみて、どうしても無理と判断したなら、人から何と言われようと、それは逃げではないです。

あなたが、「あきらめが早いな。」「我慢が足りないな。」と自分で思うなら、まだ辞めるには早いでしょう。

あなたが、「精一杯がんばったけどもう無理だった。」と自分の中でももう限界だと思うなら、たとえ半年で辞めても早くはありません。

半年で仕事を辞めることが早いか、遅いか、逃げなのかは、あなたがどう思うか。で決まります。

我慢しすぎて、体調を崩したり、仕事に行くことや、人と話すことも怖くなってしまってからでは、転職することさえもできなくなってしまいます。

そのため、半年で仕事を辞めることが必ずしも早過ぎることはありません。

みんなは仕事が慣れるのにどれくらいかかるものなの?

職場では、みんなテキパキ動いてもう慣れているようにみえ、早く自分も追いつきたいと思いますよね。

一般的に、新しい職場で、仕事に慣れるまでどれくらいかかるものなんだろう。と目安が知りたくなります。

ただ、職場の環境、仕事の内容も違うし、人によって仕事の向き不向き、暗記力、要領のよさなどもあるため、「これくらい経てばこれくらいできるようになっている。」という正確なものはありません

そのため、私の場合を考えてみました。

3ヶ月目くらい

仕事の面では、まだできないことも多いし、ミスもあったりして、辛いこともある。けれど、職場でも雑談できる人が、一人、二人とできはじめ、いいこともあったり、波のある時期。

一日の仕事の流れ、1週間、1ヶ月ごとに、どんな仕事や行事があるのかの流れはわかり、その点は慣れてきたかなくらい。

半年くらい

仕事の面では、自分一人でもできる仕事が増えてはくるものの、その分、責任や不安が大きくなる時期。

上司や職場の人たちからも、「もう慣れたよね。」「もう大体のことはわかるよね。」と思われているため、わからないことを聞きにくくなってしまい、確認不足によるミスも多くなる。

だんだん、職場の人間関係の派閥(はばつ)もわかってきて、上司、先輩、同僚のいい意味でも悪い意味でも本性がわかってくる。

毎日顔を合わせていると「慣れ」から、気を使わなくなるので、人間関係のトラブルの出やすくなる頃でもあるのかも。

とくに職場の環境や人間関係が悪くなければ、仕事の流れはつかめ、心の余裕もでてくるのは、半年くらいたってからかな。

夜、習い事をしたり、休みの日は趣味や旅行に行ったり、仕事とプライベートをうまく分けられるようになってくる時期でもある。

本当の意味で慣れたかもと感じるのは3年

私の場合、本当の意味で「慣れてきた」「頼られるようになってきた」と感じるのは、3年たったくらいから

とくに、新人さんが入ってきたり、後輩ができたりすると、「自分も仕事に慣れなず辛い時期があったな」と思い出し、「あの頃と比べればもうだいぶ慣れてきたよな」と感じるのだと思います。

「石の上にも三年」ということわざも確かに当たってるのかもしれませんね。

あくまでも私の場合なのですが、仕事に慣れるまでどれくらいかかるのかということで、参考にしてみて下さい。

まとめ

働き始めて半年くらいは、「仕事を早く覚えて、他の人たちと同じように職場に早くなじみたい!」という気持ちはあるものの、覚えることがいっぱいいっぱいでミスや同じところでまた間違えたり、空回りしてしまうものです。

しかし、その多くは、時間や経験の積み重ねが解決してくれます。

それには、職場の環境が大きく影響します。

そのため、半年たっても仕事に慣れなくて辛く、辞めようか。それとも続けた方がいいのかを判断するひとつの方法は、職場の環境、上司や先輩との人間関係がどうかで決める

そして、半年(6ヶ月)で辞めることが早いのか、それとも逃げなのかは、あなたがどう思うか次第。

あなたが「半年で辞めるのは早いよな。」と思えば辞めるのは早すぎるし、あなたが「もう十分頑張ったしもう無理だな。」と思えば、半年でも辞めることは早すぎません。

まあ、みんなは仕事に慣れるまでどれくらいかかるのか。気になりますが、それは人によって仕事の内容や、職場の環境、暗記力、要領のよさ、仕事の向き不向きがあるので、何とも言えません。

しかし、新しい仕事をはじめて半年というと、一人で仕事を任されて不安な時期です。

周りからは「慣れてきた」と思われ、わからないことを聞きにくくなり、ミスがまた増えてしまい、気持ちも浮き沈みがあり微妙な時期でもありますよね。

さらに、「慣れ」から遠慮がなくなり本音がでてくるので、人間関係もわかってくる頃。

そう考えると、ちょうど半年というのは、このまま続けるべきか、どうなのか。悩みやすい時期なのかなと思います。

ちょうど半年という節目で、辞めようかどうしようか迷っているなら、

職場の人間関係や雰囲気が悪くなければ、もう少し頑張って続けてみる。

職場の人間関係が悪くてもう耐えられないなら、辞める。

体を壊しても誰も助けてはくれません。

転職についての不安を解消するためには、「転職できるのか?転職後の給料はどれくらいか?事前に目安を知る方法」の記事に詳しく書いてあるので、よければ参考にしてみて下さい。

もし仕事を辞めたら転職できるのか?転職後の給料はどれくらいになるのか?転職についての不安を事前に知ることができる便利な登録無料のサイトをご紹介します。

error: Content is protected !!