人間関係で嫌な思いをし前職を辞めたので働くのが不安で怖い。無職の今どうしたらいいのか?

スポンサーリンク

お化けを怖がる女の子

前職ですごく嫌な思いをし、それが原因で退職せざるをえなかった。

働くのが怖くなり、今、仕事を探すこと、面接を受けることも怖くなってしまっている。

また、同じような嫌味や悪口、無視が多い職場だったら嫌だな。

また、同じような嫌味な上司だったら耐えられない。

また、すぐ怒鳴る先輩がいたら…。

次、また同じ目にあったら、もう自分はおかしくなりそうだ。
もうこの世の中で働くのは無理じゃないか。

一度、すごく辛い嫌な目にあってしまうと、それがトラウマになってしまい、まだわからない未来のことまでも怖くなってしまいます。

私も同じようなことがあり、それ以来、働くことが怖いと思うことがあります。

スポンサーリンク

過去の痛みを忘れることができない

周りの人からは、そんなことでいちいちくよくよ悩んでていても仕方ないよ。

もう過去の事なんだから忘れなよ。

そんなことで、落ち込んでて人生もったいないよ。

この先そんなんでどうやって生きていくの?

そう言われても、過去の痛みを忘れることができない。

その過去の恐怖を、過去の事だと思っても、また起きる可能性がゼロではない限り怖いと思いってしまいます。

人間だれでも防衛本能があります。

例えば、昔、ケガをして痛かったこと、みんなに笑われて恥ずかしかったこと、仲間外れにされ辛かったことなど、嫌だった思いに対して、自分を守るようにできています。

そういう意味でも、また傷つくのが怖くて当たり前!
ちょっとやそっとで忘れられません!

しかし、生きるためにはお金は必要だし、働かないといけない。

また、あの場所(職場・会社・組織・仕事)に戻らないといけない。

そう思い、どうにか求人をみるのですが、人間関係が問題で前職を辞め無職になって最初の頃は、求人のページを見るだけで頭が痛くなるような感じでした。

その時、このままでは仕事に行くこともできないし、何か家でもできる仕事(お金を得る方法)はないかな。と思って調べたのが、こちら。

私も無職で引きこもりだった時期があるのですが、その時はお金がなくなっていくし、仕事は決まらない。けど人と会うのも怖く、面接も行けない...

もちろん、収入と呼ぶにはほど遠かったのですが、たとえ1円でも、会社に属せずお金を得ることができることが嬉しかったです。

そして、その1円でも手に入れられたということに、少し自信がついて、その後、バイトから始めてみることにしました。

ただ、バイトといってもやはり、面接の電話をするにも怖くて、そのときの様子はこちらの記事にも書いてあります。

引きこもりになってしまう原因は、多くの場合、何か嫌なことがあって心が傷ついてしまい殻(から)に閉じこもっている状態だと思います。 ...

辞め方によって、今後の転職活動に大きな差が出る

とある親しい人が、契約期間が終わり仕事を退職した時に、

「○○さんがいなくなっちゃうと仕事に来てもつまんない。」

「○○さんがいなくなっちゃうと寂しいよ。」

「○○さんがいないと仕事が回らなくなっちゃうから、もうちょっといてくれない。」

「教え方も親切で丁寧で、○○さんと仕事一緒にできてよかった。」

と、送別会ですっごくほめられたそうです。

その後、会った時の顔がとっても晴れやかで、「あんなにウソでもほめられちゃうと、なんか今なら何でもできそうな気がする。」と、すごく自信に満ちあふれていました。

そして、その後、意欲的に転職活動しています。

辞める時の「自信」の差によって、その後の転職活動にも大きな差がでるものですよね。

働くことが怖いけど無職から抜け出す方法

短期のバイト・短時間のバイトからならできそうな気がする場合

働くのが怖いと、いきなり長期で8時間も仕事を探すのも難しいと思います。

まず、体を仕事モードにするためにも短期のバイト、2~3時間の仕事から始めてみるのもいいです。

バイトなら、最初は1ヶ月などの短い期間から始めてみて、慣れてきたら期間が長いものを選んでだんだん慣れていこともできます。

また、最初は午前中のみ3時間のバイトで仕事に慣れていき、

その後慣れてきたら、午後4時間と別のバイトを増やして掛け持ちすれば、大変ではありますが、収入もある程度は安定します。

短期間や短時間ならそれほど人間関係を気にしなくてすみますね。

実際に働いてみて、「働くことは怖くないんだ。」ということがわかれば、また新たなステップを踏み出す勇気にもなります。

働くことがまだ怖い場合

働くことがまだ怖いけど、学校なら行けそう。と思うなら、職業訓練に行ってみるという方法もあります。

私も職業訓練に行ったことがありますが、とても勉強になり行ってよかったです。

授業料は無料ですが、授業もみっちり宿題もあり、結構大変ではありました。

が、その学校に通ったおかげで、そのとき働くというステップはそれほど怖さはありませんでした。

コースの受講期間は、3ヶ月~6ヶ月間。

いろいろな種類があるのですが、民間に委託された学校での訓練の方が講座がたくさんあります。

「基礎コース」は、主にパソコンスキル(word・excel)、経理スキル、事務スキル、簿記、医療事務など…があります。

「実践コース」は、ビジネス実践、介護関係、ネイリスト、web(ウェブ)デザイン、ホームページ製作など…の訓練コースがあります。

受講するのに「基礎コース」⇒「実践コース」の順番はOKなのですが、「実践コース」⇒「基礎コース」には戻れないので、ここだけは注意しましょう。

各、都道府県によっても講座内容が違います。

職業訓練についての公式サイトを探したのですが、各都道府県単位でしかサイトがないようなので、「職業訓練 ・お住まいの都道府県名」で検索すると詳しい案内が出てきます。

職業訓練の手続きなどは、ハローワークでできるので、相談すると丁寧に教えてくれます。

error: Content is protected !!