無職期間や空白期間があるとき転職の面接ではどう答えればいいの?

スポンサーリンク

履歴書

高校や大学、専門学校などを卒業して社会人になって、今までずっと一つの会社に勤めています。

という人はどれくらいいるものなんでしょう?

はじめて入った会社でずっと長く勤められる人は、やっぱりうらやましいですよね。

もちろんいろいろあって我慢したりすることもあるのだと思いますが。

私の友人は学校を卒業後、すぐに入社しずっとその会社で働いています。

履歴書の職務経歴は1行ですむと言っていて「いいな~。うらやましいな~。」と話したことがあります。

私の履歴書は、職種もばらばらで転職回数も多いので、職歴を書くとかなりの行数がうまってしまいます。

無職期間もあったりして必ず面接では聞かれます。

そのとき、どう答えたらいいのかいつも悩むのですが、結局うそをついてもボロがでるので、うそでもないけど、面接官に悪い印象も与えないような回答を心がけています。

スポンサーリンク

無職期間がある時の回答方法は?

私の最初の無職期間は、1年弱あります。

前の会社で、上司のパワハラに耐えられず、食事も食べられず眠れなくなったりするほどの精神的なストレスによって辞めることになりました。

そんな最悪の状態でやめたので、すぐ次の会社に転職しようという気持ちに全くならず、完全に社会とのかかわりをたち、家で引きこもっていました。

とにかく、人が怖くて、また外に出て人とかかわると傷つけられるんじゃないかと不安で不安で仕方なかったです。

そして、半年くらいひきこもっていましたがその後、一度バイトの面接を受け採用されました。

が、そのバイト先も職場の人間関係がよくないと働き始めてすぐにわかり、1ヶ月も行かずに辞めてしまいました。

そして、また、一念発起し面接を受けることになり、何とか次の仕事へ。

無職期間は、本当にただ毎日をうじうじ過ごしていて、やる気もなくただぼーっと生きているだけ。

そんな期間が長くなっていたので、面接でブランク期間をどう答えればいいか迷いました。

短期のバイトをしていた

無職期間が長いとやはり働いていないということがよく思われませんよね。

私は短かったのですがバイトをしたので、「短期のバイトをしてました。」と答えてました。

「どんなバイトだったの?」「どれくらいの期間していたの?」といろいろ突っ込んだ質問されるのかなと思っていましたが、意外にも「そうなんだ。」みたいな感じであっさりその質問は終了しました。

資格など勉強していた

無職期間にバイトなどもしていなかった場合、一番答えやすいのは「資格の勉強をしていました。」と回答することではないでしょうか。

できれば、今面接を受けている職種に役立ちそうなものだと一番いいですね。

私は、事務系の職業に就きたいなと思っていたので、その時、word(ワード)とExcel(エクセル)の勉強をしていました。

学校に通っていたりするとそれもアピールになると思います。

とくに資格をとっていなくても、勉強していたということで前向きな回答ととらえて頂けると思います。

病気だったため

私は辞めた時、病院へは行きませんでしたが、今考えればあれはたぶん鬱(うつ)っぽかったと思います。

面接でもし空白期間を聞かれ、「短期バイトをしていた」「資格の勉強をしていた」以外に突っ込まれた質問をされたら「病気で治療中でした。今は治ったので大丈夫です。」と答えようと思って準備してました。

「病気で治療中でした。」と言った後は、必ず「今は治ったので大丈夫です。」と付け加えることで、仕事をするのに支障がないことをアピールしていた方がいいと思います。

プライバシーなことなので質問されることも少ないと思いますが、「何の病気だったの?」と聞かれることもあるかもしれません。

私は、もともと持病があり通院していたのでその病気について回答しようと思ってました。

これからうちで働けるかということを面接官はみているので、やはり病気があるというのはマイナスに思われがちなのは仕方ありませんよね。

以前、私が面接を受けたところでは「病気はない?」とはっきり最初に聞かれました。

ただ、こういう質問をする会社はブラック企業の可能性ありだと、私はなんとなく勝手に思っています。

質問するにも「健康状態はどうですか。」「うちは立ち仕事が多いので体力的に大丈夫そうですか。」など、少しやわらかく質問される面接官が多いですよね。

病気についてそれをはっきり聞いてくる会社は、やはり採用されてもいろいろと苦労がありそうです。

まとめ

ほとんど空白期間の回答は「短期バイトをしていた」「資格の勉強をしていた」と答えて、それ以上なにも突っ込まれた質問をされませんでした。

たぶん、無職の期間の過去のことよりも、面接官は今の現状のことやあなたの考え方、生活スタイル、職場でうまくやっていけそうかなどを聞きたいと思っていると思います。

私も面接は緊張してしまってうまく答えられないのですが、
「落とされてもいいや。」

「これも人生勉強。何事も経験。」

「失敗してももう二度と会わないかもしれないからいいや。」くらいの気持ちでのぞむように心がけています。

面接も回数をこなすと自信がついてきてくるものですよね。

今までもいろいろな苦難を乗り越えてきたはず!
自信をもって自分をアピールしましょう!

関連記事

せっかく転職したのに、また職場環境が合わずもう辞めたいと思ってしまっている…。
error: Content is protected !!