自分に向いてる仕事がわからない!どうやって選べばいい?

スポンサーリンク

はてなとネコ

30代になってくると、自分はこういう仕事が向いているかな。
こういう仕事は好きじゃないな。と、なんとな~くはありますよね。

人とたくさん会うのが好きな人は、営業や接客業。

コツコツ細かい仕事をしてくのが好きな人は、工場などでのモノづくりの仕事。

計算・パソコンが好きな人は、経理や事務の仕事。

仕事を選ぶ基準はこんなに簡単にはいかないですが、このように選ぶことって多いですよね。

私は、今までバイトを含め仕事は、バラバラな職種です。

でも、いろいろな職業を経験してみて分かったのは、どちらかというと一人で黙々と作業するのが好きということ。

私も最初どんな職業が向いているのかわかりませんでしたが、しっかり心に向き合って紙に書き出してみてわかってきました。

もし、今も自分に向いている職業はなんだろう?と思っている方がいれば、紙とペンを用意して心の整理をしてみましょう。

スポンサーリンク

心の整理をしてみよう

まず、コピー用紙やノートなんでもいいので2枚の紙を用意します。

1枚には「好きなこと。楽しいかったこと。得意なこと。」を書き、もう1枚には「嫌いなこと。辛かったこと。苦手なこと。」を思いつく限り書いていきます。

私の場合、「好きなこと。楽しいかったこと。得意なこと。」は、

映画のDVDを観ること。
海外ドラマを観ること
本を読むこと。
買い物に行くこと。
のんびりするのが好き。
細かい仕事が得意。…などでした。

「嫌いなこと。辛かったこと。苦手なこと。」では、

上司と合わなかった。
精神的ストレスでご飯が食べられなくなった。
緊張しやすい。
心配性。
人前で話すこと。
人間関係。…などでした。

実際に紙に書いて文字でみてると、客観的に見ることができ心の中もだんだんと整理できてきますよね。

こんな風に心の整理をした後で、職種一覧を見てみます。

職業を選ぶときは削除方式にしてみる!

例えば、派遣の求人サイト「はたらこねっと」というサイトを参考にしてみると大きく下記のように分けられてます。

・ 事務・オフィス系
・ 販売・営業・旅行・サービス系
・ IT・エンジニア系
・ WEB・クリエイター系
・ 医療・介護・研究・教育系
・ 工場・軽作業・物流・土木系

そして、そのあとに「事務・オフィス系」なら一般事務・OA事務 営業事務・コールセンター(テレフォンオペレーター) データ入力・タイピング…とさらに細かい職業が書いてありますね。

この中で普通なら「いいな~。やってみたいな~。」という職業を選ぶと思いますが、私がやってみたのは逆です。

この中で「絶対にやりたくないな~。この仕事はできないな~。」と、嫌だなと思う職業を削除していく削除方式にします。

そうすると、やってみたいな~。と思って選んだ時よりも残る職業が多くありませんか。

私は、やってみたいな~。という職業を選んだ時よりも、だいぶ職業の候補が多く残り、こんな職業もあるんだなと求人を見るようになり、考え方の視野が広くなり職業を選ぶ幅も広がりました。

まとめ

頭の中がごちゃごちゃしていて、どうしたらいいのかわからない。決められない。というときはやっぱり紙に書いてみるのが一番いいですね。

私も職場でモヤモヤしたことがあった日は、ノートに書きだして頭の中を整理するようにしています。

本当に自分に合った仕事・好きな仕事を見つけるのは難しいですが、「これは絶対嫌だな。」という条件を削除し残ったものから選べば、自分に向いている仕事の可能性は高いということですね。

関連記事

自分の長所・特技をいかせる仕事がわからない。自分の性格にも合った職業は何か知りたい!そんな人のための自分の強みを発見できる無料の診断テストについてご紹介します。
error: Content is protected !!