職場で仕事の伝言連絡をきちんと伝えるのって難しい!と感じた時

スポンサーリンク

一列にならんでいるサラリーマン

職場で「これ○さんに伝えておいて」と、人に伝言を頼まれることありませんか。

簡単なことなのですがこれが意外と難しいな。と感じることがあります。

伝言ゲームってありますが、あれも最初の人が聞いた言葉と最後の人に伝わってきた言葉が違っていて、それが面白くて「伝言」はゲームにまでなっていますね。

経由する人が多ければそれだけ違う言葉になっている可能性が高いってことは、仕事ではちょっと怖いことですね。

スポンサーリンク

仕事の伝言がうまく伝わらなかったときの話

会社にEさんという人がいました。

私もEさんと一緒に仕事をしていたことがあったのですが、連絡事項を伝えてくれなかったり、期限を守ってくれなかったり、時間にもルーズでいつも振り回されていました。

あるとき、Cさんからの「○○の件△月□日までに書類作っておいてくれるようEさんに頼んでおいてくれる。」とEさんへの連絡事項を私が頼まれました。

いつもEさんに振り回されていたので、正直なところあまりEさんとは関わりたくなく、Cさんも直接Eさんに頼んでくれればいいのに~。

とCさんまでにちょっとイラッとしてました。

それくらい必要最低限で関わりたくなかったんですよね~。

ちょうどEさんがいなかったので、メモに連絡事項の詳細を書き机の上に貼っておきました。

そして、数分たちEさんが戻ってきたので、「あの~。机のメモにも書いておいたのですが…。」と私が説明しようとしたら、Eさんが「(メモを見て)あ~これね。あの件ね。わかった。わかった。」と言われたました。

これで連絡事項を伝えたぞ!
任務完了とばかりにその場を急いで立ち去りました。

そして、○○の件の期限である△月□日が来ました。

その日の午後なんか職場の雰囲気がざわざわしているなくらいにしか思ってなく、自分の仕事をしていました。

すると、Cさんが急いで私の所へ来て「○○の件、ちゃんとEさんに伝えてくれた?」と聞かれました。

私はもちろん「伝えました。」と答えました。

しかし、Eさんはよくは聞いていないといって、○○の件の期限が今日だって知らなかったと言っていたそうです。

うそだ~!!

私も自分が疑われるのは嫌なので、Cさんにきちんと説明をしました。

Eさんが席にいなかったので、連絡事項(もちろん期限なども記入したよ~)を書いたメモを机に貼っておいたこと。

その後、Eさんが来て直接メモの内容を確認したと言っていたことを話しました。

Cさんは「そうなんだ。」と言って、それ以上この件について問われることはありませんでしたが、なんか疑われたのがくやしかったです。

まとめ

今回の件について本当のところはよくわかりませんが、たまたま、途中に私という第三者を経由していたので、「伝えた」「知らない」と話が食い違うとこに。

でも、こういうことって仕事だと結構多いですよね。
とくに忙しいとき。

今回も連絡事項を口頭で伝えるだけではなく、メモまで書いて文字に残したのですが、それでも嫌な思いをする羽目になってしまいました。

メールで送ることもありますが、それでも「他のメールと紛れてそんなメール見てない。」とか言われることもあるので、忙しいといろいろと伝言ひとつでも相手に伝えるのは難しいなと感じるのでした。

error: Content is protected !!