仕事でミスが多く職場に居づらい。ミスをしないためにはどうしたらいい?

スポンサーリンク

孤独な人

初めての仕事で、入ったばかりの頃は覚えることも多く、ミスは誰でもするものですよね。

最初の1回2回は仕方ないものの、そのミスが何回も続いてしまうと、やはり周りから「○○さんまた同じミスをして…。何回も言っているでしょう?」とだんだんあきれられてしまい、職場に居づらくなってしまうことあります。

どうしてこんなに自分だけできないんだろう。

どうしてミスが多いのだろう。

と、いろいろ考えて、メモしたり、復習するのですが、なぜか同僚と比べても自分だけミスが多いことがあります。

私も、暗記力はなく、要領も悪いため、人より覚えるのに時間がかかってしまうタイプなので、最初の頃はミスが多くなってしまいます。

注意しているはずなのに、忙しいとスッとその仕事が抜けてしまってまた同じミスをしてしまうというサイクルにはまってしまうこともありました。

ミスは、忙しいと起こりやすいので、念入りにチェック。

多少、「仕事が遅い!」と怒られても、ミスをするよりはまだまし。と、新人の頃はスピードよりも正確さを重視するようにしていました。

また、仕事でわからないことはあいまいなまま作業せず、聞くようにしました。

仕事もひとつひとつの業務を覚え確実にこなして慣れてくれば、ミスも少なくなってきます。

周りの人たちと比べるよりも、昨日の自分と比べて、「今日は何ができるようになったか。」「どんなミスをしなくなったか。」に着目してみましょう。

スポンサーリンク

ミスをしないために

メモをとる

何度も同じミスをしないように、メモで大きく書いて貼っておいたり、とにかく書いて実際してみて仕事は覚えていきましょう。

新人さんで、メモをとらず聞いている人もいましたが、やはり頭で覚えておくにも限界がありますよね。

中にはすごく記憶力のいい人のいて、うらやましいなと思ったこともありますが。

後から見直すことのできるように、ひと言でも簡単でいいのでメモを残す習慣をつけるといいですね。

忙しい時でもパニックにならない

私がよくやってしまうのが、忙しくてパニックになってしまってミスをすることでした。

あれもしなくちゃ。これもしなくちゃ。といろいろ仕事がたまっていて、急にまた別の仕事を言われて…。

さらにあと5分でこっちの仕事の準備しないといけなかったんだ…。と、もうどれがどうなっているのか頭がパニックになって、慌てているとなにミスをやらかしてました。

仕事に慣れてくると、前に慌ててこういうことあったときミスしたから、一呼吸おいてからやろう。と冷静に思えるのですが、いったんパニックになると大変です。

パニックにならないように、深呼吸する。ひと口飲み物を飲む。など自分なりの対策を考えておきましょう。

あいまいなことは聞く

仕事をしていて「あれ?これってこうだったっけ?」とあいまいなことがでてくることがあります。

でも、上司や先輩に聞きに行くのも面倒だし、上司や先輩が苦手でまた聞いて怒られても嫌だし、と思って、あいまいなまま仕事をしてしまうことありますよね。

それがあってればいいのですが、結局それが間違ってミスしてしまった場合…。

「あのとき、面倒でも怒られても聞いて確認しておけばよかった。」と後悔することになってしまいます。

「前にも言ったでしょ。」と怒られても、あいまいな仕事は、もう一度きちんと確認をして、次からは嫌な思いはしないようそのときしっかり覚えるしかないですね。

まとめ

人によって成長は違います。

早く仕事ができる人、ミスがない人、覚えるのが早い人。がいれば、仕事が遅い人、ミスが多い人、覚えるのが遅い人がいます。

仕事が遅い人、ミスが多い人、覚えるのが遅い人の中でも、自分で努力しようという気持ちがあれば、少しずつですが前には進んでいるはずです。

仕事でミスが多く職場に居づらいのはつらいですが、体調などに影響が出ていなければ、せっかく今まで覚えたこともあると思うので、もう少し続けてみる。

それでもやっぱりダメそうなら、仕事が向いていない可能性もあります。

この世の中「努力」ではどうにもならないことってあるんですよね。

その時あまりにも辛く、もう限界なら、辞めて転職という選択肢を考えてみてはどうでしょうか。

error: Content is protected !!