苦手な上司がとどう付き合っていけばいいか?対処法と注意点

スポンサーリンク

悩んでいる女性

職場で苦手な人って必ずいます。

でも、それが上司だとどうしても仕事のことでいろいろ聞いたり、助けてもらうこともあるので、関わらないようにするということも難しいですよね。

私も今まで、いろいろな上司に会いましたが、この人なら信頼できるな。尊敬するな。と思った上司は少なく、直属の上司は結構クセのある苦手なタイプの人が多かった気がします。

転職してもあまりにもそういうことが続いたので、自分でも何がいけないのか考えてみたのですが、もしかしたら自分でそういう人を引き寄せている部分もあるのかもしれません。

確かに、私も普通の人と違っていて、組織とかグループなども苦手だし、社会になじめない部分が多いため、変わっているところが多いのかな。とも思います。

また、「この人とだけは一緒になりたくないな。」と思っていると、なぜかいつも一緒に仕事でもペアを組むことになってりするので、そう思ってしまうこともいけないのかもしれないですね。

でも、どうしても、社会に出ればそういう人たちと一緒に働かなくてはなりません。

そんな時、やってみた方法は、

・ 話しかけるとき、必ず名前をつける。

・ 苦手な上司でもウソでもほめる。

・ ○○さんだけにと特別扱いする。

その苦手な上司に対して「気分よくさせてあげること」がいい対処法です。

詳しくはこちらの記事へ

職場の悩みで多いのが人間関係ですよね。 朝9時に出社したとして夕方までずっと会社にいる業務となると、一日の大半を職場の人たちと...

スポンサーリンク

苦手な上司の特徴

・ 仕事の指示が矛盾(むじゅん)していて、何をしても文句を言われる。

・ 人に厳しく、自分には甘い。

・ 自分の損得で人を判断し、自分の得になる人にはごまをすり、自分の得とならない人には見下すような態度で接する。

・ 自分より下と思った人に対して、召使い(めしつかい)のように扱う。

・ 時間や約束を守らない。

・ 連絡事項を伝えてくれない。

・ 人の粗探し(あらさがし)ばかりして、細かいことをねちねち言ってくる。

・ 自分の時はもっと仕事が大変だったと、昔と比較し、だからあなたも大変な思いをしなさい。というような言葉を言ってくる。

・ 「あなたのため。」と言いながら、嫌味や小言を言ってくる。

・ 大声で怒鳴る。

・ ミスして謝っても、許してくれない。

・ 挨拶しても無視される。

・ 人格を否定するような暴言を平気で言う。

苦手な上司とのコミュニケーション不足が招く悲劇

苦手だなと思っている上司とは、やはりなるべく関わらないようにしたいし、話したくもないですよね。

話せば、怒られるか、嫌味を言われるか。で、嫌な思いをする人に誰でも近づきたくないです。

しかし、それでコミュニケーション不足になってしまうと、仕事でもミスやトラブルも多くなるし、職場の人たちとの関係まで悪くなることもあります。

失敗談

ある苦手とするタイプの上司が、私が席を外している間に、大量の書類やファイルを人の机の上いっぱいにバン!と置いてあることもありました。

帰ってきて、自分の机を見てびっくり!

何が起こったの?状態でした。

これでは机で、仕事も何もできないし、どうしてこうなっているかさえもわかりません。

たまたまその状況を見ていた人がいて、それが上司が置いて行ったファイルの山であることが判明。

たぶん「これ片づけといて」という意味なのでしょうけど…。

また間違ったことをして嫌味を言われても嫌だなと思い、仕方なく苦手な上司に「このファイルどうすればいいのですか…」と念のため聞きにいきました。

すると、めんどくさそうに「あ~、片づけておいて。」のひと言のみ。

いやぁね。「これお願い!」とか、そういう言葉を期待していたわけではありませんが、せめて、自分で出して持ってきたファイルなんだから、「悪いけど片づけておいて。」くらいの言葉はあってもいいような。

しかも大量にあって、片づけるといってもそれなりに時間もかかります…。

その後も、私がいない時にファイルや資料などが机の上に置かれていることがあり、最初は一応「どうしたらいいのか。どうしてほしいのか。」をこちらから上司に聞いていましたが、私も聞くことがめんどくさくなってしまって、だんだん聞かなくなり適当に処理していました。

もうその上司と話すことさえ嫌で、もし間違っていたらその時はその時で怒られればいいや。くらいに思ってしまっていました。

いつも、わざわざ人がいない時をねらって机にドンと書類などが置かれるのって、すごく嫌な気分だったし、嫌味としか思えなかったです。

この上司とは、最初から馬が合わなく、相性が悪いと感じていました。

今考えても、常識ではありえないようなびっくりするような言動や行動のある上司で、私の中で1・2を争う苦手なタイプです。

そんなお互い話さない日々が続き、コミュニケーション不足になり、仕事もやはりうまくいかなくなってきてしまいました。

今、思えばその上司も、人と話すことが苦手で、コミュニケーションをとるのが下手だったのかな。とも思いますが、その時は、理解に苦しむような無茶苦茶な理不尽(りふじん)なことも多く、嫌味な上司としか思えなかったです。

この上司には他にもいろいろ嫌なことをされて、「この世の中には常識ってなんなんだろう。」「この上司の考え方がおかしいのか。それとも自分の常識と思っていることがおかしいのか。」と思うことがいっぱいありました。

その後、その上司と一緒に仕事をすることも多く理不尽(りふじん)な行動から、それが常識なのかな。と私も勘違いするようになってしまい、自分も周りの職場の人たちに対して少しコミュニケーションがうまくいかなくなってしまい、職場の人たちとの人間関係を壊してしまうことに…。

このとき、あまりも苦手だな、嫌いだな、と思いすぎて上司とコミュニケーションをとらなさすぎると、職場の人たちともコミュニケーション不足を招いてしまうこともあるから気をつけないといけないんだな。と感じました。

人間関係も一つ歯車がくるうと、他の歯車もどんどん壊れていくようで怖いです。

まとめ

苦手な上司はどこの職場でもいますが、そのことばかり考え、嫌だな、辛いな、と思っていると、いつの間にか負のオーラみたいなものを背負ってしまっています。

すると、今まで普通に接してきた職場の他の人たちとの関係も上手くいかなくなることがあるので、要注意です。

そんな苦手な上司とうまく付きあう法は、

・ 話しかけるとき、必ず名前をつける。

・ 苦手な上司でもウソでもほめる。

・ ○○さんだけにと特別扱いする。

「必ず名前をつける。」「ほめる。」というのは実際してみたことがあったのですが、意外とその日1日くらい?は効果はありました。

関連記事はこちら

上司から毎日怒られて仕事も自分にも自信をもてなくなってしまったとき。自分の自信を取り戻す3つの方法についてご紹介します。
error: Content is protected !!