電話応対していると自分の仕事が進まない時の対応策

スポンサーリンク

仕事と電話

とくに事務職をしていると、電話応対も仕事のうち。

電話が鳴ったら1コールでとらなければならない。新人の仕事。などルールのある会社もありますよね。

でも、電話応対は嫌い、苦手だな。という人、結構多いと思います。

私も電話応対がすごく嫌いで、今でも苦手…。

仕事に慣れていなかったり、自分の仕事外のことだったりすると、電話の内容がよくわからない。

専門用語だったり、相手の会社名が英語だったりするとメモさえ取れない。

それに、電話応対をしていると、その応対した仕事を急に任されたりすることもある。

クレームだと対応に時間がかかる。

電話で手が止まってしまうので、自分の仕事が進まなくなってしまう。

電話も数分で終わるものならいいですが、自分の担当でないよくわからない内容だと対応に時間をとられてしまうので、やはりできることなら電話はとりたくないし、電話が鳴るたびにビクッとしてしまいます。

中には、絶対に自分にかかってきている電話でも、出ようとせず、必ず「○○さんからお電話です。」と取り次ぎをしてもらう人もいますが、これって時間の無駄ではないのかな?と思うこともあります。

「電話がでられる人がでる。」となっていると、やはりみんな電話には出たがらないですよね。

スポンサーリンク

電話応対で自分の仕事が進まない時の対策

仕事内容に電話応対が入っていればそれも仕事のうちなので、対応しなければなりません。

しかし、あまりにも電話応対をしていて自分の仕事ができなく、いつも残業になってしまうと困ります。

仕事のことなのでここは、「電話の応対で他の仕事が増えてしまい、自分の仕事が進まない」と、上司に相談するのが早いと思います。

そして、自分のデスク以外の場所でできる仕事があれば、ときどき自分の席を離れて電話のないところでの仕事をするという方法もいいかもしれません。

今後、電話応対はなくなっていくかも?

最近は、それぞれ会社内の携帯電話を持ち歩く人が増えて、直接、本人と話せるので、上司や同僚への電話の取り次ぎも少なくなっているのではと思います。

今後、会社でも一人一台、会社の携帯電話を持つようになっていけば、社内の電話応対はなくなりそうですよね。

ここ二十数年くらいなのかな?でパソコンが導入され、今までワープロや手作業でやっていた仕事がコンピューターになり、仕事内容も今と昔ではだいぶ変わったと思います。

今、家に固定電話がない人も多いし、これだけスマホなども普及しているので、そのうち電話応対も、もしかしたらなくなり、懐かしく思える日がくるかもしれませんよね。

error: Content is protected !!