仕事が1年たっても慣れないし覚えられない。頑張るべき辞めるべき?

スポンサーリンク

悲しむ女性

本来であれば、仕事も1年もすれば慣れてくるはず…。
しかし、専門用語が多すぎて覚えきれない難しすぎる。

仕事の内容が複雑で難しすぎで、まだまだやることもいっぱい。

1年経っても仕事が覚えられないこともありますよね。

職場の人からも、仕事が遅く覚えが悪いため、あきれられている…。

今だにミスも多く怒られ、「あなたにやってもらうとかえって仕事が増える。」「もう1年たつけど?なんでできないの?」と上司に言われた。

こんな時、もう自分はダメな人間なんじゃないか。みんなに迷惑なら辞めた方がいいのだろうか。と自信をなくしてしまいますよね。

でも本当にあなたはダメな人間なのでしょうか。

そこで、1年たっても仕事が覚えられず、慣れない時、今の仕事を続けた方がいいのか、それとも辞めて転職した方がいいのか。判断する方法についてお話いていきます。

スポンサーリンク

仕事をこのまま続けか辞めるか判断する方法

「このまま頑張って続ける」
「辞める」

どっちの道を選んでも怖さはありますよね。

このまま仕事を続けるにしても精神的に辛い。
しかし、辞めると決断するのにも転職できるか不安だし勇気が必要。

それでも、どちらかの道しかありません。

少しでもあなたにとってよい道を選ぶためには、2つの質問を自分自身にしてみましょう。

1.職場で誰か一人でも相談できる人がいるか?

2.今の体調はどうか?

職場で誰かひとりでも相談できる人がいるか?

まずは、「職場に1人でも相談できる人がいますか?」という質問です。

たとえ、職場の人間関係が悪くても、一人でいいので、頼れる人、相談にのってくれる人がいれば、仕事でミスし自信をなくした時でも絶望的にならず、救われます。

私の場合、小さな会社だったため相談できる人もいなく、職場の人たち全員からターゲットにされてしまったため、耐えられず辞めたことがあります…。

職場の人たちみんなからあきれられ、孤立してしまっていても、たった一人でもいいので誰か味方になってくれる人がいれば、乗り越えられます。

今の職場にそんなあなたの味方になってくれる人がいるなら、もう少し続けてみるのもありだと思います。

逆に、誰にも相談できる人がいない。話せる人がいない。となると、このまま仕事を続けていくのは辛いかもしれません。

体調はどうか?

そして、質問。

「今、体調は大丈夫?」という質問です。

今、夜、眠れなかったり、仕事に行くのが嫌だなと思ったり、することはあるものの、体調不良というわけではない。ということなら、もう少し頑張ってもいいと思います。

しかし、現在、朝、頭痛や腹痛、下痢(げり)が毎日あったり、吐き気やめまいがひどかったりする場合は、辞めるという決断をするのも必要かもしれません。

仕事の代わりはいくらでもいますが、あなたの代わりは誰もいません。

このまま無理して仕事を続け病気になってしまえば、今まで頑張って稼いだお金を治療費として払うことになるかもしれません。

実際、私もストレスからある病気が悪化し、検査代、薬代としてだいぶお金もかかり、現在も治療中です(涙)

せっかくあんなに我慢して苦労して稼いだお金なのに、無理したばっかりに病気になり、結局、治療費となって消えてしまったら…。むなしい過ぎますよね。

このまま続けてみる場合の改善策

上記の2つの質問を自分自身にしてみて、もう少し頑張ってみようと思った場合。また、今すぐには辞めるとは判断できない場合。

どんなことに気を付けていけばもう少し仕事がラクになるのでしょうか。

たぶん、あなたは辛いながらも1年も仕事を頑張った努力家なので、「メモをとる。」「同じミスをしないように気を付ける。」などの基本的なことは、十分すぎるくらい頑張ってきたはずです。

それ以外での改善策を考えてみました。

1年頑張ったことをほめる

仕事が難しくて覚えられないながらも、あなたは1年も頑張れているというのはそれはすごいことだと思います。

本当にダメな人であれば、1日で辞めてしまったり、途中で辛すぎて無断欠勤する人もいます。

まず、「1年も頑張れた」という部分を評価していいのではないでしょうか。

誰からもほめてもらえなくても、自分自身がほめて認めてあげることで「自信」が湧いてきます。

その自信が、また明日への仕事の活力になり、仕事を続けられる力になりますよね。

自信をなくしすぎない

上司や先輩から「まだ覚えてないの?」「またミスして…」「この仕事向いていないんじゃない?」と言われたりすると自信がなくなるし、傷つきますよね。

しかし、上司や先輩の前で、自信をなくし、萎縮(いしゅく)しすぎ引きすぎてしまうと、バランスが崩れて、逆に相手がもっと強気になり、さらに嫌味を言われることになります。

そのため、怒られたり、嫌味をいわれたりしても、必要以上に自分を責め萎縮しすぎないことが大切です。

上司から怒られても自信を失わないための具体的な方法はこちらの記事へ >>

上司から毎日怒られて仕事も自分にも自信をもてなくなってしまったとき。自分の自信を取り戻す3つの方法についてご紹介します。

自分と人とを比べすぎない

職場でも、人生でも、どうしても「人」と比べてしまいますよね。

「またミスしてしまった」「私はまだ一人で仕事ができない…」と勝手に一人で自信を失いへこんでしまいます。

でも、あなたより仕事ができる先輩たちは、1年以上かけてその仕事をだんだんと覚え慣れてきたはずです。

比較したところで、勝てるわけありません。

だからこそ、人と比べず、比較するなら「昨日の自分と比べる」

昨日の自分と比較して何かひとつできるようになっていたら、「私にもできた。すごい」と自分で自分をほめてあげる。

その積み重ねが自信になります。

そして数ヶ月後、「そういえば、この仕事ができないって昔悩んでたっけな。」と思い出す日がきっときます!

これ以上迷惑をかけてしまうなら辞めるべき?

自分が仕事ができないせいで、上司や先輩をイライラさせ怒らせてしまうと、

・ 自分なんていない方がいいんじゃないか。
・ 私なんかよりもっと仕事ができる人を雇った方がいいんじゃないか。

と考えてしまいますよね。

しかし、嫌でもなんでも毎日会社に行ってさえいれば、給料はもらえます。

「会社のため」にあなたが辞める必要はありません。

「あなたのため」に仕事を辞めるのか続けるのかを考えるべきです。

迷惑だから辞めるべきと思ってしまう本当の理由とは?私の体験談

私も、仕事ができず上司から

「お前みたいなやる気のないやつ初めてだ。」

「バカか。」

「やる気がないなら辞めた方がいいんじゃない?」

と毎日、嫌味や怒られていたことがあります。

自分はいらない存在ってことなのか…とすごくショックでした。

しかし、ある時から、耐えきれなくなり、落ち込みが激しくうつっぽい状態に…。

結局、体力には逆らえず、くやしいけれど仕事を辞めざるを得なくなってしまった。というにがい経験があります。

相手から自分を否定され続けると、自信がなくなり、自分を必要以上にせめてしまい、自分のできる仕事はないかのように思えるんですよね。

でも、私の場合、「私がいることで上司や先輩、職場の人たちに迷惑をかけてしまう」と思う気持ちと同時に、

「そんなに私のことが嫌ならこっちから辞めてやる!」

「世の中そんな優秀な人ばっかりじゃないでしょ。次、来る人がどんな人かみものだね!(皮肉です…)」

という思いもありました。

今考えると、「出来の悪い私がいるせいでみんなに迷惑をかけてしまうから辞めたい。」というのは、表向きの理由。

裏の理由は「もう辞めていいよ。という自分に許可がほしかった。」

つまり、辞めるという判断が自分では怖くてできないため、辞める理由を「自分自身で正当化するため」に、そう思おうとしていたのかもしれません。

そのため、「会社のため」に仕事ができない私は辞めた方がいいんじゃないか。という理由で、仕事を辞めるかを判断するのではなく、「自分のため」には、辞めるか続けるかどちらがいいのか。という視点で考えてみましょう。

辞めた理由が「会社のため」と思っていると、自分で決断していないので、あとあと辞めたことを後悔する原因になります。

辞めるのも続けるのも、誰のためでもなく自分のためです。

そして、その決断をするのも自分自身です。

自分で決断すれば、どちらの道を選択しても後悔することはないし、それが「正しい道」になります。

3年は続けないと次の転職で不利になる?

石の上にも3年。と言われ、仕事の上でも3年というと区切りはよく言われますよね。

確かに、1年よりも3年。3年よりも5年続けた方が転職するにはいいに決まっています。

しかし、もし今あなたが「3年は続けないと転職に不利になるから、3年は頑張った方がいい」と誰かから言われたらあと2年頑張れるのでしょうか。

人から言われて、今の仕事がまだ頑張れるようなら頑張った方がいいです。

実際、仕事を辞める時って、3ケ月だろうと、1年だろうと、3年だろうと、人からなんと言われようと自分の判断で決断しています。

だからこそ、3年とか1年とかという数字は、辞めるときに関係ないのかなと感じます。

1年で辞めた場合の理由は?

1年で辞めるとなると、期間が短いと判断されて、辞めた理由を聞かれると思うと辞めるに辞められないですよね。

しかし、嫌でなければ辞めたりしません。

「辞めた」ということはなにか嫌なことがあって辞めたんだなということは、面接官もわかっていると思います。

そのため、下手な嘘をついてもばれてしまうのではないかと私は思っています。

「仕事ができなくて」という理由でも、「私が思っていた以上に難しい仕事で、朝早く出勤したり、お昼休みの時間や残業したり、家でも復習して頑張ってみたのですが、どうしても覚えることができず…。」みたいな感じかな?

私も面接官ではないのでわからないですが、これ以上ない努力をしたけれどできなかったということであれば、面接官も納得してくれると思います。

そして辞めた理由の最後のしめは、「でも、その時の必死で覚えた知識、努力することができたことで、結果的に辞めることになってしまいましたが、自分の自信になりました。」とプラスになった点でしめくくること。

そしてそして、面接で辞めた理由よりももっと大切なのは、「なぜこの会社に興味をもったか。」「私を採用するとこんないいことがあるよ。」と、アピールする方に力を入れて話す!ことです。

なので、辞めた理由はさらっと話し、アピールする方に重点をおきましょう。

1年続け仕事に慣れないなら向いていないのか?

仕事によって、1年でできるようになってしまう仕事もあれば、1年ではとても覚えきれない仕事もありますよね。

1年でその仕事が向いているか。向いていないのか。判断することは難しいです。

1年目でやっと仕事の「1年のサイクル」を経験したということで、1年の流れはつかんだはず。

あとはまた春夏秋冬とまた繰り返していくだけです。

でも、その1年のサイクルを想像した時、「絶望」しか見えなく、もう体力的にも気力的にも、精神的にも限界ということなら、体調を崩してまで、このまま無理して続けるのもどうかなとも思います。

人間、誰でも向き不向きがあります。

努力してもどうにもならないこともあります。

1年経ってもどうしても覚えられない。ということであれば、今回、たまたま自分の不向きな仕事、または自分の許容範囲を超える仕事を選んでしまったのかもしれません。

頑張っても無理なこともある

私も以前、半年たっても仕事がわからなくて辞めてしまったことがあります。

その時の様子はこちら

半年経っても仕事に慣れなくて辛い。転職した方がいいのか。でも半年で辞めるのは早いのか。他の人は仕事に慣れるまでどれくらいかかったのか。今の仕事を辞めた方がいいのか続けた方がいいのかについて、私の体験談もまじえて、判断する方法をご紹介します。

その時は、仕事そのものも私には荷が重すぎ能力不足でもあったと思います。

そして人間関係もよくなく、半年しか耐えられませんでした。

他にも、この記事で最初の方でお話ししたのですが、上司に「もう辞めた方がいいんじゃないか。」と言われたとき。

そう言われたとき、最初はそれでも「頑張りますのでお願いします。」と言っていましたが、体が拒否反応をおこしてしまい、食べ物が食べられなくなってしまい、長くは続けることはできませんでした。

その時「人生は頑張ってもどうにもならないこともあるんだ。」と思った時でした。

1年経っても仕事が覚えられないのまとめ

仕事はどんどん変化し時代の流れとともに変わるので、1年たってもさらに新しいことも覚えていかないといけないので、追いつくのに時間がかかるのは仕方ありません。

努力しているつもりでも1年経っても覚えられなくて、職場の人からもあきれられ、孤立してしまっていると辛いですよね。

「仕事を辞めたい」と思った時、2つの質問をしてみましょう。

1.職場で誰か一人でも相談できる人がいるか?

2.体調はどうか?

仕事が難しく覚えられていなくても、1年前の入社した時よりは着実にできるようになっているはずです。

1年で完璧に仕事ができる人もいません。

職場では呆れられ(あきれられ)ているかもしれないけど、一人でも相談できる人がいて、職場の人間関係も最悪というほど悪くない。そして体調も悪くない。ということであれば、続けていけると思います。

逆に、人間関係が最悪の状況で、仕事も難しくて覚えられなく、精神的にも病んでしまったり体調を崩してしまっているということであれば、やはり向いていない仕事、向いていない職場を選んでしまったのかもしれません。

このまま無理して続けてもっと体調を悪くしてしまっては、あまりにも辛いです。辛すぎです。

我慢しすぎ、鬱(うつ)になってしまうと、その後社会に復帰するにも時間がかかります。

私は人や社会が怖くなり、転職するにも1年ほどかかってしまいました。

転職となると、お金や生活のことも気になるし、また一からになってしまいますが、私のように病気になったり我慢の限界になる前に、早めに動けるうちに動いておくことをおすすめします。

まず最初の一歩として、「転職できるのか?」を実際調べてみるというのもいいかもしれません。

詳しくはこちらの記事へ

もし仕事を辞めたら転職できるのか?転職後の給料はどれくらいになるのか?転職についての不安を事前に知ることができる便利な登録無料のサイトをご紹介します。

error: Content is protected !!