半年たっても仕事が覚えられなく辛くて限界。辞めるか続けるか悩んだときの判断方法

スポンサーリンク

仕事が忙しい女性

半年たっても仕事がまったく覚えられてない…。

まだ一人で仕事ができない。

ミスばかりで、上司や先輩に毎日怒鳴られてばかりで、仕事をするのが怖くなってしまっている。

もう職場の人たちから、あきれられているし、教えてくれる上司や先輩が自分の仕事のできなさがひどすぎて、いらだっているのがわかる。

一般的には、会社の試用期間、研修期間なども3ヶ月程度のところが多く、だいだいどの職場でも3ヶ月くらいあれば、少しは仕事にも慣れてくる頃だと思います。

それが半年たってもまだ全然仕事が覚えられていない。職場にまったく慣れない。となると、かなりあせるかもしれません。

私も以前、半年たっても仕事の内容が全く把握(はあく)できず、全然わからなかったことがありました。

その時の様子はこちら

半年経っても仕事に慣れなくて辛い。転職した方がいいのか。でも半年で辞めるのは早いのか。他の人は仕事に慣れるまでどれくらいかかったのか。今の仕事を辞めた方がいいのか続けた方がいいのかについて、私の体験談もまじえて、判断する方法をご紹介します。

でも、長い目でみると、まだ半年、6ヶ月しかたってないです。

ミスや失敗もあるし、上司や先輩と比べてもできないのは当たり前。

職場の環境がそれほど悪くなければ、ここは踏ん張ってもう少し頑張ってみたいところではあります。

しかし、職場の人間関係などよくない状況なら、仕事以外にもそっちの事で気を使ってしまって、精神的にもボロボロになりかねません。

仕事をするのが怖くなってしまうほど怒られる場合、精神的な負担もかなり大きいとおもうので、ちょっと体調などにも気を付けた方がいいです。

今、体調まで崩してしまうようなら、やはり続けることは難しいかなと判断します。

半年で仕事が覚えられなく辛くて限界で辞めるか。続けるか悩んでいたら、職場の環境がどうかで判断してもいいと思います。

ミスが多く多少怒られることがあるなら、もうここは確認するしかありません。

半年くらい経つとスピードも求められますが、ミスをするくらいなら最初は速さよりも正確さ。

しかし、今は人員を削減している会社も多く、仕事を始めてすぐに仕事量もスピードも求められる社会でもあり、大変ですがまずは「正確さ」から。

スポンサーリンク

今は仕事量もスピードも最初から求められる社会

人員を減らし、その分、機械(コンピューター)もだいぶ入ってきているので、今まで手作業でやっていたものも何倍のも速さになっています。

機械を使うことで、作業的には楽になったはずですが、今度はその機械のスピードに人間がついていかないといけません。

そうなると、機械の性能が良くなればなるほど、仕事のスピードは以前より早くなっているので、人間も仕事の速度も速くしなくちゃならないし、新しいことも覚えたりすることが多くなり大変。

また、新人だからときちんと教えてくれる会社も少ないです。

転職となると、教育制度が整って会社だと、教えてもらうというより、仕事をマネして覚える、盗んで覚えるという感じのところもありますよね。

マニュアルが全くなかったり、教えてくれる人がいなかったり。

教えてくれる人がいても、その人の教え方がかたよっていたり、すぐに怒る人だったりした場合は最悪です。

そんな状態でも、最初から、あれもこれも覚えて。もっと早く。もっと正確に。もっと丁寧に。と言われても、許容範囲を超えてパニックになってしまいます。

半年で仕事が完璧にマスターできればそれは天才です。

そのため、半年もたってまだ覚えられないという状況も仕方ありません。

しかし、確実に入社した当時よりできることは多くなっていると思います。

できないことを数えるより、できるようになった。覚えたことを数えてみましょう。

教えてもらうときに一番プレッシャーになり嫌な言葉

半年くらい経ったとき、先輩に仕事を教えてもらうときに一番嫌だな。プレッシャーだな。と思った言葉があります。

1つは、「まだまだ覚えてもらわないといけないことがあるんだからね。」と、仕事を覚えきれなくてパニックになっているのに、さらに追い打ちをかける言葉。

2つめは、「私が入った時もっと大変だったんだからね。今は楽(らく)になったんだよ。」と、自分の入った当時の仕事と比較し、今の方が簡単になったんだから早く覚えて仕事ができるでしょ。と自分の時は大変だったけど頑張ったアピールをしてくる言葉。

私は、この2つの言葉を言われるのが嫌で、自分が新人さんに教えるときは絶対に上記の2つの言葉は言わないようにしていました。

今でさえ、また仕事が覚えられなくてパニックなのに「まだ仕事は覚えてもらわないといけないことがある」と言われると、本当に絶望的になり、やる気も一気に失われますよね。

「私が入った時もっと大変だったんだからね。」と言われてしまうと、「は~そうなんですか。」としか言いようがありません。

「昔はもっと苦労したんだから、今の人は簡単になっていいよな。」

「今の方がもっと楽にできるんだから、仕事ももっとできていいはずだし、ミスも少なくていいはず。これでミスするなんてありえない。」

と言われているようで、仕事も速さと正確さのレベルが上り、もしこれで仕事が出来なかったときが怖くなります。

まとめ

半年たってもまだ仕事が覚えられないことはあります。

仕事を始めて、半年たったくらいは悩む時期でもあります。

みんな半年くらいの時期は誰でもそう悩むんだから、もっと頑張らないとだめだよ。

半年くらいで辞めたいなんて甘いよ。

仕事で怒られるなんて当たり前だよ。

半年くらいだと、そう言われるかもしれませんが、ただ、怒られ過ぎて仕事が怖くなってきてしまってるとなると、ちょっと体調の方も気にしておいたほうがいいと思います。

どこまで我慢すればいいかの身体のサインについてはこちら

仕事を辞めたい。でも我慢の限界はどこか。自分ではわかりにくい体のサインを見極める方法と対処法をレベル別にわかりやすく解説します。

職場の環境がそれほど悪くなく、体調にも影響がなければもう少し頑張ってみる。

しかし、職場の居心地が悪く、人間関係も悪く、毎日怒られて、怒鳴られて、無視されて、嫌味を言われているような職場で、もう耐えられない。

体調も限界のようなら、転職の道を考えてもいいと思います。

仕事は時間が経てば少しずつでも必ず覚えられます。

(中には向いていなかった仕事の場合、努力はどうしようもないこともありますが…。)

そのためにも、職場の環境が重要です。

悩んだ時は職場の環境によって決めるのも一つの方法。

最終的に決めるのは自分なので、今後、後悔しない道を選ぶため、辞めるか。続けてみるか。じっくり考えましょう。

error: Content is protected !!