無職期間が1年以上あります。引きこもりぎみでやる気がでない時どうすればいい?

スポンサーリンク

腕時計

無職期間が長くなってしまうと、だんだん就職活動への気力もなくなってきてしまいますよね。

私が退職し無職でひきこもりになった時は、前職で上司から「お前は出来が悪い。お前の考え方はおかしい。常識がない。」と毎日言われ続け、その上司が原因で同僚との人間関係も悪くなり、無視され、ものすごくイヤな思い出があるので、辞められたときは解放感があり、本当にうれしかったです。

しかし、やはり世間の目が気になりだし、だんだんうれしさよりも苦痛の方が大きくなってきました。

毎日、仕事しなくちゃいけない。でもどうしたらいい。自分はどこで働けるんだろうか。また前の職場と同じように嫌味や無視など言われて、自分には耐えられるだろうか。心配ごとばかり。

それでも、なんとかハローワークへ行ったり、若者就職支援センターに行ったりという活動はしていました。

しかし、なかなか就職活動もうまくいかず…。

ある就職の面接では、

「もっと元気よくしないとだめだよ。やる気がありますって口では言ったってあなたできそうにないもの。本当に大丈夫?」

「うちで働くのは無理じゃない?」

「あなたのためを思って言ってあげてるんだよ。」と言われたり…。

この時は、もう不採用決定であることはあきらか。

これ以上小言を言われるのも耐えられなく、その場にいることさえもできず、面接官に「お時間を頂きすみませんでした。」と謝り、面接官にも「他、行った方がいいよ。」と言われ、悔しさと情けなさで逃げ帰ってきました。

さすがにこの時は、傷口にさらに深くなり再起不能状態に。

その後もいろいろあり、前職を退職して1年弱無職で、だんだん引きこもりになりがちになっていきました。

なんで悪いことって重なるんだろう。

なんでこんなこと言われるんだろう。

なんでこんな嫌な人ばっかりに会うんだろう。

その時は、自分がものすごい負(ふ)のマイナスオーラをもっていたのか、やることなすことすべてうまくいきませんでした。

人生こういうことってあるんですよね。

スポンサーリンク

引きこもりぎみでやる気がでない時の対策

私が引きこもりから脱したきっかけは、バイトを始めたことでした。

しかし、その後しばらくたってから、いろいろ調べていて職業訓練を受けられることを知りました。

もっと早く知ってればよかった…。

そして、何年かった後、別の仕事を辞めた時、職業訓練を6ヶ月間受けられることになりました。

私の中では、これが転機ともいえます。

引きこもりが長くなんとなくやる気がでないとき、職業訓練を受けてみるのもいい方法です。

職業訓練とは?

職業訓練は、雇用保険をかけていて失業保険を受け取りながら通う学校(公共職業訓練)。

雇用保険に加入していなかったり、雇用保険を払っている期間(12ヶ月以上)が足りなく、失業保険を受け取れなくても通える学校(求職者支援制度)。の2つがあります。

公共職業訓練は、「国で運営している学校の訓練」と「民間に委託された学校での訓練」の2つ。

求職者支援制度は、「民間に委託された学校での訓練」があります。

訓練のコースとしては、「民間に委託された学校での訓練」の方が種類も多く、受講しやすいです。

民間に委託された学校での訓練は、「基礎コース」と「実践コース」があります。

私が受けた時、先に、実践コースを受けて、後から基礎コースをまた受けたいということはできないと言われたので、「基礎コース ⇒ 実践コース」と受けて行った方がいいです。

コースの受講期間は、3ヶ月~6ヶ月間。

「基礎コース」は、主にパソコンスキル(word・excel)、経理スキル、事務スキル、簿記、医療事務などがあります。

「実践コース」は、ビジネス実践、介護関係、ネイリスト、web(ウェブ)デザイン、ホームページ製作などの訓練コースがあります。

ただし、各都道府県によって選べるコースの種類も違い、開校日も1月に開校するコースもあれば、2月に開校するコースもあります。

例えば基礎コースのビジネスパソコンを1月から受講したいな。と思っても、次、開校されるのは3月からや4月からという場合もあり、いつから始まるのかわかりません。

そのため、自分が受けたいコースがいつ開校されるかは、数か月前からチェックしておいた方がいいです。

どうやって受けたらいいの?

職業訓練を受けたいと思ったら、ハローワークに行って「職業訓練を受けたいのですがどうすればいいですか。」と聞けば丁寧に教えてもらえます。

その後、名前など記入しハローワークに登録し、手続きをしてもらいます。

そして、受けたいコースを選びます。

訓練を受けるには、普通に学校に通うのと少し違います。

就職と同じように、どうしてそのコースを受けたいのかなどの志望動機を書き、さらに面接も受けなくてはなりません。

受ける時期やコースによっては定員より人数が多ければ、面接で落とされる場合もあります。

私もコースを選ぶとき、まさか面接があり、定員が多ければ受けることはできないとは知らずに申し込んでしまい、ちょっとあせりました。

でも、普通に自分の思ったことを言えば、それほど厳しい面接ではありませんでした。

あともう一つ注意しなければならないのは、社会人として当たり前と言えば当たり前ですが、欠席や遅刻、早退などには、厳しいです。

私が行った訓練校では、欠席の場合は証明書を提出することになっていました。

出席率が8割だったかな?を切ると、失業保険をもらっている人はもらえなくなるので、きちんと出席しましょう。

まとめ

訓練校での様子はあとで詳しく書こうと思いますが、私はこの訓練を受けれたことがすごく役に立ち、受けてよかったなと今でも思います。

面接の練習、履歴書や職務経歴書の書き方まで教えてもらったので、卒業するときはちょっと自分に自信がつきやる気があったため、就職につなげることもできました。

もし、今、就職活動してもなかなか上手くいかない。毎回、書類選考や面接で落とされて、もうやる気がでなくなっている。というときは、環境を変えるという意味でも、職業訓練を利用してみるといいかもしれません。

受講したいコースがいつ開校するかはわかならいので、早めにハローワークで相談することをおすすめします。

error: Content is protected !!