朝、仕事を休むのにメールやLINE(ライン)はダメでしょうか?

スポンサーリンク

スマホ

朝、熱が出てベッドから起き上がれない。

お腹が痛くてトイレから出られない。

インフルエンザかもしれない。

朝、急に体調が悪くなることも人間ですから仕方ありませんよね。

これが休日だったらいいのですが、仕事だったときはそのことも気がかりに。

「早く会社に連絡をしなければ。」

「その日、大事な仕事があれば、代わりの人にお願いしないといけない。」

とにかく頭はぼーっとしてるのに、さらにいろんなことがグルグルとまわって、朝からパニックになってしまうことがあります。

スポンサーリンク

とりあえずメールを送っておくのはアリ!

いち早く今日は仕事に行けない。ということを知らせたいけれど、まだ誰も会社にいない時間帯。

そんなとき、とりあえずメールを送っておく。

状況にもよりますが、私はこれは「あり」ではないかなと個人的に思います。

朝はみんな忙しい時間帯です。
そこに電話するのもそれこそ迷惑になります。

その点、メールは相手が手が空いているときに見てもらえるので、相手の都合も考えるとメールの方がいい時もありますよね。

中には、休みの連絡をメールやLINE(ライン)で送るなんて非常識だ。と言われるかもしれません。

もちろん、メールはいち早く報告しておく手段のみの利用です。

会社がはじまったら、必ず上司に電話して連絡するのがマナー

今日の仕事の代わりをお願いしなければならない時も、できるだけ自分で電話して相手に直接お願いできる方が、後々ゴタゴタにならないです。

仕事を急に頼まれるのって、結構きついときあるんですよね…。

人数の少ない職場だと休む時この問題があるんですよね。

それが気がかりで、余計に病気が悪化することあります…。

でも、元気になったら、今度は誰かが急に休んだ時にはその仕事を変わってあげればいいんです。

みんなお互い様。

朝、会社への報告が終われば、これでやっとゆっくり休めます。

病院へ行って薬をもらってあとは早く体調を整えることだけ考えましょう。

error: Content is protected !!