職場の人間関係が辛い。先輩から毎日怒られ自信がなくなり、みんなからも嫌われてしまった時

スポンサーリンク

一輪の花

まだそれほど慣れていない職場だと、仕事も覚えなければならないし、人間関係にも気を使うし、それだけで大変ですよね。

最初はわからないことだらけで、先輩に頼るしかありません。

しかし、その教育係になってくれる先輩と気が合わなかったり、クセのある先輩だと大変。

さらに他の先輩との教え方が違っていると、教えてくれる先輩に合わせて仕事をしなくてはいけないので、教えてもらうのも大変ですよね。

スポンサーリンク

苦手な先輩から教えてもらう時

仕事を教えてもらえるのはありがたいですが、教えてくれる先輩によって、ちょっと苦手だなと思う先輩もいますよね。

仕事ができなければ「バカじゃないの。」「どうやったらそうなるの。」人を馬鹿にしたようなきついものの言い方だったり。

例え小さなミスでも、「何してるの。こんな簡単なことで普通は間違えないでしょ。」「これじゃいつまでたってもあなたに仕事を任せられない。」と、ものすごい剣幕で怒られたり。

「私はもっと先輩にいろいろ言われて、つらい目にあってきたんだから。」
「あなたは私に教えてもらってまだマシなのよ。」と、昔の自分と比較されたり。

そして、最終的にはあいさつをしても無視され、仕事のことを聞きに行ってもさけられて話すこともできない状態。

こうなってしまうと、もうどんなに頑張ろうと思っても、心が折れてしまいますよね。

こういう時は、何をやっても怒られるので、消極的になり、仕事も怖くてできなくなってしまいます。

そうすると、自信もなくなり、職場でもいつもうつむいてマイナスのオーラを発してしまい、みんなともあまり話さなようになってしまい、職場でも孤立してしまう原因になります。

自信がないとよけいいじめにあう

毎日怒られていると、すっかり仕事に対しての自信がなくなってしまい、態度や行動、考え方もうじうじしてしまいますよね。

最初は職場のみんなも「大丈夫?」と心配してくれる人もいるかもしれませんが、それも最初だけです。

あまり弱気な態度が前面にでてしまい引きすぎてしまうと、今度は周りは強気になり、職場全体から孤立してしまう可能性があります。

私も、自信がなさすぎて自分を引きすぎてしまい、上司から怒られることが増え、職場のみんなから嫌われてしまい、これで失敗したことがあります。

職場などでなぜいじめがあるのか原因の一つに、いじめられる側が引きすぎてしまうと、平均(バランス)を保つため、周りを強気に出やすくしてしまうことがあります。

つまり、周りからも嫌われる理由、よけい怒られてしまう原因のひとつを、自分自身で原因を作り出してしまっていることになります。

毎日、怒られていると、「自分が悪いんだ。自分はダメな人間なんだ。みんなに迷惑になっている。すみません。」と、委縮(いしゅく)してしまいますが、反省すべき点だけ反省し、必要以上に委縮しすぎてしまわないように気をつけましょう。

私も、その当時、そのメカニズムというかみんなからも嫌われる理由がよくわかりまんでした。

そのため、世の中、一度「できない」というレッテルを貼られターゲットになってしまうと、弱った人間をとことん打ちのめし、もう起き上がれない立ち直れないまで(仕事を辞めるまで)攻撃してくるのがこの世の中なんだ。なんて怖い世界だろう。と思っていました。

しかし、今思えば、自分の自信のなさが、上司をよけい怒らせてしまい、職場のみんなから嫌われてしまった原因のひとつを作っていたのかもしれないな。と思います。

職場が辛い時どうすればいいか?

職場で、先輩から毎日怒られ、みんなからも嫌われてしまい人間関係が辛いときどうすればいいのか…。

その方法は、残念ながらあまり多くはありません。

・ 「いつかみんなを見返してやる」とくやしさをバネに頑張る。
・ 人事異動などがあるまで耐える。
・ 上司に相談してみる。
・ 辞める。

今の仕事そのものは好きだったり嫌ではなく、人間関係だけ(とくに仕事を教えてくれる先輩)が問題だった場合は、まずは理解してくれそうな上司に相談してみるのも一つの方法です。

他にも、ミスをしてしまったり、やはり自信がないと怒られてしまうので、ミスをしない工夫。自信をもてるように、なにか「これだけは絶対にできる」というものを探してみましょう。

ひとつ自信があるものが見つかると、それだけで、先輩や職場の人たちの見る目が変わってくるはずです。

ある職場で、仕事は遅く仕事量はみんなの半分くらいしかできなくて、職場でもちょっと浮いてしまっているCさんという人がいました。

みんなと話すことなく、黙々と仕事をするタイプの人で職場でも孤立していました。

しかし、そんなCさんが、ある時、みんなが見過ごしてしまった小さなミスを見つけ、大事(おおごと)にならなくて済んだことがありました。

このときは、Cさんの株は急上昇。

みんなから「見つけてくれてありがとう。」「すごいね。」と言われ、照れくさそうに笑っていたCさんの笑顔が印象的でした。

その後もCさんはよく間違いを見つけることが多く、間違いを探すことへの信頼度は高まっていました。

まとめ

状況が変わるかどうかはわかりませんが、辞めることはいつでもできるので、まずはできそうなことから始めてみましょう。

・ 先輩から怒られても弱気になり過ぎないようにしてみる。

・ 自分に自信を持てる何かを探してみる。

・ 信頼できる上司または先輩、同僚がいるならその人に相談してみる。

ただ、体調まで悪くなるようなら注意しましょう。

私の我慢の限界についてはこちらの記事へ

仕事を辞めたい。でも我慢の限界はどこか。自分ではわかりにくい体のサインを見極める方法と対処法をレベル別にわかりやすく解説します。
error: Content is protected !!