仕事に行きたくなくてズル休み。後悔や罪悪感の気持ちどうしたらいい?

スポンサーリンク

マスクをしている女性

朝、起きて今日も仕事か。

あ~でもどうしても仕事に行きたくない。

あ~行かなくていい方法はないだろうか。

布団の中で、もんもんと考えて起き上がれない…。

気がつくと、もう仕事に行かなくちゃならない時間。

このままでは遅刻してしまう。

そんなことを考えているうちに、頭がなんだかガンガンしてきて、体も重い。

もう今日はダメだ。
仕事に行けない。
休んじゃおう。

一日くらい休んだって大丈夫。

いつも真面目に仕事してるんだ。

みんなだってずる休みきっとしてるんだし。

いろいろ言い訳も考えていると、もう今から用意しても完璧遅刻する時間になっている。

もうどうせ遅刻だから、会社に電話しなければいけない時間だ。

朝、そんな葛藤(かっとう)があり、ずる休みしてしまうこと、私もありました。

スポンサーリンク

休めて嬉しいのは一瞬のこと

とりあえず、会社に電話して「体調が悪い」などあたりさわりのない突っ込まれにくい口実で連絡。

だいたい「お大事に」と言われ、連絡終了。

ただ、その言葉も中には、本当に心配してくれる人もいれば、人数が少ない会社の時には、みんなの仕事の負担が増えるので、嫌味っぽく言われたこともありました。

それでも休むと決めた。

今日は自由。

体はふっと軽くなり、頭もスッキリ。

しかし、それも一瞬のこと。

ズル休みをしてしまったことへの罪悪感。

明日からどんな顔して仕事にいけばいいかわからない。

こんな気持ちになるんだったら、ずる休みするんじゃなかった。という後悔の気持ち…。

罪悪感がでてきてしまったら

ずる休みをして罪悪感の気持ちが出過ぎてしまい、

「ズル休みがばれたらどうしよう。」

「休まずいけばよかったかな。」

とかよけな事を考えてしまい、結局、一日無駄に過ごしてしまった。ということもありました。

まあ、家にいればずる休みということはバレないです。

そして、もう休むと決めて、会社に連絡もしている。
きちんと公認されているので、今日一日どう過ごそうがあなたの自由です。

今まで読んでいなかった本を読んだり、見たかったドラマや映画をみたり。

部屋の片づけをしたり。

いつもしたくても、なかなかできなかったことをしてみましょう。

いつも仕事にといあえず行けていたのに、どうしても今日は行けなかったということは、体や心がもう今日は限界とサインをだしてきていたということ。

今日の休みはどうしても必要だったのです。

明日はどんな顔で仕事に行けばいい?

夕方になり、会社もそろそろ終わる頃。

自分だけの自由な時間も終わり…。

また、明日からの仕事のことを考えると頭が重くなってきますよね。

明日、どんな顔で仕事に行けばいいのか…。

新たな悩みがでてきます。

どんな顔で…。

もう普通にありのままの顔でいくしかありません。

そして、昨日、自分が休んだことで迷惑がかかってしまった人がいたら、「昨日はすみませんでした。ありがとうございました。」と一言いっておけば大丈夫。

「ズル休み」をしてしまったと後悔や罪悪感があるということは、いつも頑張っている証拠。

「ズルでもなんでもいいから、今日は休ませて~」と、心の叫びかもしれません。
それほど心も体も疲れているということです。

仕事を今日休んだことは後悔なんてすることはなく、今日は自分にとって必要な休みだった。

また明日から頑張ればいいんです!

error: Content is protected !!