派遣の仕事を辞めるのに上司が職場のみんなになかなか伝えてくれず、仕事がしにくいです。

スポンサーリンク

仕事を教える先輩

仕事を辞めることになっているのに、上司が職場の周りの人になかなか辞めることを伝えてくれていない時ということがありました。

とある会社の派遣社員だった時、次は更新しないと派遣先や上司に3ヶ月前に報告してあったのに、上司が周りの社員の方に退職日の1ヶ月前まで正式に報告してくれず困りました。

スポンサーリンク

辞めることをみんなに知らせてくれない

そのときは、一緒に仕事をするその課の上司が理不尽(りふじん)な人でどうしても我慢できなく、派遣を更新せず退職することにしました。

そこで問題なのが、私の課の上司には私が辞めることが伝わっていないため、私にもっと仕事をさせようといろいろ教えてくれていること。

退職日後にあるイベントの仕事もふってきて、私にその仕事をさせようと思っていること。

そのため、退職することを知っている派遣先の人事の上司に、いつ、私の課の上司にも私が辞めることを伝えてもらえるか。聞きに行ったのですが、「そのうち言うから」ということでしばらく待つように言われたと記憶しています。

派遣の規則で1ヶ月前まで辞めることを言ってはいけないとかあるのかわかりませんが、仕事がしにくくてしょうがなかったです。

どうして人事の上司は周りに私が退職することを伝えてくれなかったのかは、今も不明です。

それからしばらくたち、もうこれ以上、仕事を教えてもらっても申し訳ないため、私の口からなんとなく、私の課の直属の上司に辞めることをお伝えしました。

直属の上司もびっくりしていましたが、これが良かったのか悪かったのかわかりません。

でも、私にはこうするしか方法がありませんでした。

まとめ

これは特殊なケースだったのかもしれませんが、自分は仕事を辞めることになっていて、それが仕事を教えてくれる上司や先輩に伝わっていなかったら仕事がやりにくいです。

まして、仕事を教えてもらっても申し訳ないのですよね。

そんな状況も多くはないと思いますが、辞めるのに辞めることは自分から言えず、仕事を教えてもらうのはつらいです。

最初は、仕事を辞めると言って、人手不足になり仕事量が増えることで、上司や同僚の態度が冷たくなるんじゃないかと心配することもありました。

それも実際、1ヶ月前にみんなに辞めることを公表されたときは、一部の人からは冷たくなったように感じました。

でも、いい意味でとらえれば、今回は仕事を辞めることを伝えるのが(派遣先の都合により)遅くなったため、その被害は少なかったのかもしれませんね。

が、別の意味で(職場の人たちに辞めることが伝わっていなかったので)つらかったです。

error: Content is protected !!