仕事3ヶ月の壁|転職したけど慣れない辛く辞めたい時どうしたらいい?

スポンサーリンク

悩む女性

新しい仕事を始めて3ヶ月目の壁。

この壁ってあるんですよね。

仕事もわかってきた部分も少しあり、慣れてきたかなと思っているとミスしたりしてまた自信を無くしての繰り返し…。

それでも、仕事を教えてくれる上司や先輩が、一般的に常識のある人であればなんとか耐えられます。

しかし、3ヶ月目で仕事を辞めたいとまで悩むということは、いい上司や先輩、職場の人たちに恵まれていない場合が多いのではないでしょうか。

怒鳴られたり、人格を否定するような暴言を言われたり、無視やいじめにあったりすると、精神的に耐えられなくなり、辞めたくなってしまいますよね。

そんなことで辞めるとか考えてしまう自分は甘いのかなとも思ってしまいますが、嫌なこと傷つくことを言われて辞めたいと思ってしまうのは普通の感覚です。

3ヶ月目で「仕事を辞めたい」と思うということは、よほどのことがあってだと思います。

私も仕事で精神的にものすごく辛い時があったのですが、辞める勇気もなく、自分で自分のことがわからなくなり、どうしていいか具体的な解決策も思い浮かばない事がありました。

そこで、今回は3ヶ月でもう辞めたいと思った時、どうしたらいいのか。

このまま続けた方がいいのか。辞めた方がいいのか。自分自身を納得させ判断する方法。

仕事の3ヶ月の壁を乗り切る方法などについてお話していきます。

スポンサーリンク

どうしたらいいのかわからない。でも選択肢は2つしかない。

今の状況どうにかしたいけど、残念ながら方法は、2つしかありません。

・ このまま我慢してもう少し頑張って続けてみる
・ 辞める

ただ、この2つの選択肢は、どちらを選んでも不安、辛さはありますよね。

だからこそ、自分で選ぶのが怖くて先延ばしにしてしまいがちです。

そして、今のまま何もせず先延ばしにすればするほど辛さが増してしまいます。

それでも、あなたが少しでも辛くない方。今よりも状況がよくなるためにはどっちを選べばいいのかを考えてみましょう。

仕事を続けるか、辞めるかどちらがいいのか決める方法

仕事を続けるか、辞めるか迷った時、3つの質問をしてみましょう。

1.職場の雰囲気はそれほど悪くないか?

2.職場にひとりでも相談できる人はいるか?

3.体調は悪くないか?

この質問をしてみることで、どうしたらいいか自分自身も納得できる答えがでてくるのではないでしょうか。

職場の雰囲気はどう?

3ヶ月目というとまだ試用期間で、仕事が覚えられなかったりできなかったり、慣れていないのは当たり前です。

しかし、転職となると、新卒の人とは違い即戦力を求められ、最初の期待値も高いため、仕事をゆっくり覚えている時間もなくどんどん仕事をさせられるので、それがあせりになり自信のなさになってしまいますよね。

でも、確実に昨日より今日、今日より明日とできるようになっています。

そこで、必要なのは仕事に慣れるための「時間」です。

だからこそ、仕事になれるまでの時間を過ごす「職場の環境」が耐えられるものなのか。を考えてみる必要があります。

仕事ができるようになり認めさせれば、上司や先輩も一目置いてくれ、職場の人間関係も変化していきます。

職場の雰囲気はそれほど悪くない

職場の雰囲気や人間関係がすごくいい職場。あこがれますよね。

しかし、実際、テレビドラマに出てくるようなみんなが仲良くわきあい合い楽しい職場なんて夢のまた夢です。

なので、職場の雰囲気もいい職場でなくても、多少の悪口や陰口などがあっても、職場の雰囲気がそれほど悪くないと思えれば、もう少し続けてみても良いと思います。

職場の雰囲気が悪い

職場の雰囲気が悪い。最悪である。

その職場がどうかというのは、3ヶ月くらいたっているとなんとなくわかるものですよね。

怒鳴り声が響いていたり、挨拶してもみんな無視したり、社長が独裁的で、どうしても考えについていくことができない。

その職場に居ることさえも辛いということであれば、これ以上我慢する必要なないと思います。

そういう職場は、よほどのことがない限り変わりません。

トラブルメーカーの中心人物が辞めたり移動したり、問題の社長が代わるまで、耐えるか、あなたがその職場に適応するように変わっていくしかありません。

職場にひとりでも相談できる人はいるか?いないか?

職場に相談できる人がいる

たとえ、職場の人たちみんなから孤立してしまっても、誰か一人でもいいので相談にのってくれる信頼できる人がいれば、どんな辛い状況でも乗り越えられます。

3ヶ月目くらいだと、だんだんプライベートの話もしたり、相談できそうな人ができてくる頃だと思います。

私もある職場で仕事で辛かった時、悩んでいるといつも相談にのってくれる50代の女性がいました。

私の味方になり「そうだよね」と言ってくれ、そっと寄りそってくれて、その人がいたからこそ乗り越えられました。

誰か一人でもいいので、「そうだよね」「わかるよ」と理解してくれる人がいれば、もう少し頑張ってみてもいいのではと思います。

職場に相談できる人がいない

3ヶ月くらいでもその職場が合わないと感じていたら、もしかしたら相談できる人もできないかもしれません。

その職場がいじめや悪口などが多く、もうこんな職場嫌だと思ってしまうと、みんな敵に見えてしまい、誰にも相談できる人がいない状況ですよね。

会社は友達を作る場ではありませんが、やはりなにか困った時に話せる人、相談できる人は必要だと私は思います。

そのため、職場に誰も相談できる人がいない。さらに、職場の環境も、無視やいじめや悪口などが多く最悪ということであれば、転職という道を考えてもいいのでないでしょうか。

体調は悪くない?悪い?

体調までは悪くない

朝、仕事に行きたくないな。と思いながらも今のところ行くことができている。

食事も食べられる。

仕事のことを考えて夜眠れない日もあるけれど、毎日ではない。

今のところ、精神的なストレスは少しあるけれど、体調にまで影響がないということであれば、もう少し頑張ってみて続けてみてもいいかと思います。

せっかく、始めた仕事です。

体調不良の症状がでていなければ、ここであきらめてしまうにはもったいないです。

食欲がない。吐き気などがある。

朝、頭痛、腹痛、熱がある、吐き気などがあり、それが毎日続いている。

食欲がなく、体重が極端に減ってしまった。

不安感があり、落ち込みが激しく、うつっぽい。

 辛すぎて涙が出る、精神的ストレスが強い。

もし、今、現在、体調不良の症状がでているのであれば、もう身体が「我慢の限界」というサインを出している状態です。

危険信号です。

私も、毎日、頭痛、腹痛、吐き気におそわれて、それでも感情を押し殺して、無理をして仕事に行っていたところ、いろいろありうつ状態になってしまい、結局、仕事を辞めざるを得なくなりました。

それから、働くことが怖くなってしまい、社会に復帰するのに1年もかかりました。

今考えれば、身体が限界とSOSサインを出していた時、転職ということを考えて動き出していれば、社会復帰するのに1年もかからなかったでしょう。

どうせ辞めることになるなら、もっと早く仕事を辞めていればよかったと、今でも思います。

そのため、体調不良の症状が出ているなら、次の仕事を見つけて早めに抜け出すことをおすすめします。

この3つの質問をしてみて、まだ答えを出せない。よくわからない。ということがあるかもしれません。

この中で一番重要なのは、3つ目の質問です。

今の体調がどうか?ということを最優先に考えましょう。

体調にまで影響が出ていなければ、もう少し仕事を続けてみる。

体調不良がではじめていれば、辞める準備をし始める。

あなたが仕事を辞めても代わりの人はたくさんいます。
しかし、あなたの代わりは誰もいません。

自分の身体を大切にしてください。

このまま仕事を続ける場合

上記の3つの質問をしてみて、もう少し頑張ってみようかな。仕事を続けてみようかなと思いった場合。どんなところに注意すれば、仕事が今よりもやりやすくなるのでしょうか。

上司や先輩、職場の環境が良い方に突然変わるということは、問題の人物が辞めたり、移動になったりしない限り、そう簡単には変わりません。

そのため、他の人を変えられない以上、あなたが考え方を変え、うまくやっていくしかありません。

3ヶ月の壁を乗り切る方法

人と比べない

まだ、仕事をはじめて3ヶ月目です。
先輩に比べて仕事ができなかったり、周りの人ともなじめなかったりして当たり前です。

先輩たちも、今の仕事がすぐにできたわけではなく、だんだんに覚えていったはず。

しかし、そのことを忘れ、「もう3ヶ月目なのにまだ慣れないの?」なんて言ってくるんですよね。

でも、大丈夫。
あなたは、最初の1ヶ月目よりも今の方が確実に仕事に慣れてきています。

あなたに必要なのは慣れるまでの時間です。

だからこそ、比べるのは先輩たちではなく、昨日の自分を比べる。

昨日の自分と比べ、何か一つでもできるようになっていれば、それを自分自身で「私ってきちんと成長してるな」とほめてあげましょう。

自分の成長がわかれば、自信になり、毎日が少し楽しくなるかもしれませんよね。

自分を責めすぎない

仕事でミスが多かったり、ついていけなかったりすると、上司や先輩から「またミスして…」「何やってるの!!」と怒られるたび、なんで自分はこんなにできないんだろうを自己嫌悪におちいりますよね。

しかし、まだ、3ヶ月目です。

ミスしたり、仕事についていけないのは仕方ないことです。

自分を責めすぎてしまい、弱気になりすぎてしまうと、上司や先輩たちからもっと怒られるようになります。

自信をなくし、萎縮してしまい話すときもビクビクしていると、上司や先輩たちからは「この人は大丈夫だろうか?」と思われ、もっと強く言わないとわからないと判断され、よけい細かいチェックが入りねちねち言われるようになります。

そのため、ミスや失敗をしても、必要以上に自分を責めすぎず、一度反省したら「次、気をつけよう」で悩むのは終わり。

自信をなくしすぎないようにしましょう。

上司に怒られ自信をなくしそうになった時はこちらの記事へ >>

上司から毎日怒られて仕事も自分にも自信をもてなくなってしまったとき。自分の自信を取り戻す3つの方法についてご紹介します。

逃げ道を用意しておく

私もそうだったのですが、我慢の限界は突然来ます。

「もう無理だ」となる前に、いつでも逃げられる(辞められる)ように、情報収集をしたり転職の準備だけでもしておいた方が気持ちもラクですよね。

今は、ネットで求人の情報収集が簡単にできます。

自分に合う仕事はどんなものがあるのか?簡単に調べられる方法もあるので、そういうものを利用して、いざというときの逃げ道を用意しておきましょう。

自分の長所・特技をいかせる仕事がわからない。自分の性格にも合った職業は何か知りたい!そんな人のための自分の強みを発見できる無料の診断テストについてご紹介します。

3ヶ月で辞める場合の不安

もし、上記の3つの質問をしてみて、もう続けられない。辞めようかなと思った場合。

「辞める」と決めたとしてもいろいろな不安がありますよね。

転職できるだろうか?

3ヶ月で辞めるのは早いし甘いかな?

面接で聞かれたら辞めた理由をなんて言えばいいんだろう?

これらの不安についてどう考えればいいかひとつひとつ見ていきましょう。

3ヶ月で辞めても転職できるだろうか?

3ヶ月で辞めるというのは、期間でいえば早すぎるし、転職するにも面接官へのイメージも悪いかもしれません。

もちろん、辞めるにしても1年、2年とせめて年単位で辞める方が転職にも有利でしょう。

でも、この広い世の中、1ヶ月、2ヶ月で仕事を辞める人もいるし、中には1日や3日で辞めていく人もいます。

仕事を3ヶ月で辞めても、その後、転職に成功した人は数えきれないくらいいます。

だから、まだ3ヶ月だから…まだ半年だから…という「期間」だけで、転職できない理由にはなりにくいです。

そうは言っても、本当に自分に転職先はあるのだろうか?という不安はありますよね。

そんな時は、転職できるかどうか、事前に調べてみるという方法もあります。

転職サイトが運営している「転職診断テスト」というものです。

無料でできるので、今の仕事を辞める前に一度チェックしてみると安心かもしれません。

もし仕事を辞めたら転職できるのか?転職後の給料はどれくらいになるのか?転職についての不安を事前に知ることができる便利な登録無料のサイトをご紹介します。

3ヶ月で辞めるには早すぎる?甘いのか?

3ヶ月というとちょうど試用期間中であることが多いと思います。

そのため、「まだ3ヶ月だし判断するには早すぎるよ」「最低でも1年は頑張った方がいいよ」「3ヶ月で辞めるのは甘いよ」と人から言われるかもしれません。

誰かから「まだ早すぎる」「辞めるのはまだ甘い」と言われて、まだ頑張れるなら、このまま続け頑張った方がいいです。

人から「まだ早い。甘い。」と言われて、自分自身でも「まだ3ヶ月だし判断するには早すぎるよな。こんなことで辞めるのは甘えだよな。」と思うならそれは早いし甘えです。

しかし、自分自身で「もう十分頑張った。限界だ。辞めることは早くないし、甘えでもない。」と思えば、今辞めることは早すぎることもなく、甘くもありません。

辞めるのが早い。辞めるのが甘い。というは、人がどう思うかではなく、自分の判断でいいのです。

3ヶ月で辞めた場合どのような理由を言えばいいのか?

仕事を辞めるということは、少なからず何か「嫌だった」からという理由ですよね。

嫌でなければ、辞めません。

その点は、面接官もわかっていると思うので、下手にウソをついたり、ごまかしても、バレてしまいます。

そのため、辞めた理由は正直に話してしまった方がいいのではないかと私は思います。

もちろん、「上司が嫌で…。先輩がすぐ怒鳴って…。」などたとえそれが本当の事だとしても会社の悪いところをあげて、正直に話すという意味ではありません。

退職理由は正直に話し最後はポジティブな言葉でしめくくる

「前職は、ハードな職場でトイレに行く暇もないほどでした。朝、会社に早く行ったり、お昼休みや残業時間、家に帰って復習したりして早く仕事に慣れようと努力していたのですが、体調を崩してしまい辞めることになってしまいました。

しかし、今は体調もよくなり、3か月間でしたが、前職では○○についてや△△についてどうすればいいか学ぶことができました。」など。

あまりいい退職理由の例えではないかもしれませんが…。

努力したけれどどうしてもうまくいかなかった。けれど、学んだこと。よかったこともありました。と、最後は、ポジティブな言葉でしめくくる。と面接官の印象が違います。

私自身、勤務時間が長くて。という退職理由を面接で話していました(笑)

すると、「それは長いですね」とその面接では納得してもらえました。

面接官に納得してもらえるような理由(例えば、上記の退職理由では、トイレに行く暇もないほど忙しい職場であった。朝早く行ったり、お昼休み、残業時間、家でも努力していたということ)があれば、退職理由をそれ以上深く聞かれることはないと思います。

退職理由は、「あなたがもし面接官の立場だったら、どんな理由を言われたら採用しようと考えるか」と考えてみるといいかもしれません。

面接マニュアル通りの回答をする人や、明らかなウソをつく人よりも、正直に話す人と一緒に働きたいと思いますよね。

3ヶ月で辞めたいときのまとめ

新しい仕事をはじめて3カ月目くらいは節目で微妙な時期ですよね。

とくに、転職してから3カ月目くらいではまだ試用期間だったり、だんだん仕事には慣れてきたけれど、まだ先輩に教えてもらっている段階。

先輩たちも今まで教えてきたんだからこれから頑張ってもらわないと。と期待されている時期でもあります。

そして、今後は新人ではなくなるので、徐々に仕事量も増え、難しい仕事もまわってきます。

そんな仕事のプレッシャーもあり、これから自分一人でこの仕事ができるだろうか。

不安もあり考えてしまう時期ですよね。

その不安から3カ月目くらいになると、辞めたいなと思うことが多くなることがあります。

「自分にできるだろうか。」という仕事の成長上の不安なら、それはできれば乗り越えて自分の成長につなげたいものです。

しかし、今すでに頭が痛かったり、お腹が痛かったり、吐き気、発熱、などの体調不良が続いている。突然泣いてしまうような精神的ストレスがあるようなら、危険信号です。

身体が「もう限界だよ」というサインを出しています。

身体が悲鳴をあげるまで頑張ったあなたは、もう十分努力したのではないでしょうか。

3ヶ月で辞めると転職するには不利かもしれません。

しかし、100%転職できないわけでもありません。

今、行動しなければ、この先ずっと辛いままです。

これから先の人生を考えれば、楽しい方がいいに決まっています。

まず、転職についての情報収集をしてみることで、少しずつ不安を減らしていってみてはどうでしょうか。

転職の不安や悩みを解消する方法についての記事はこちらに詳しく書いてありますので、よかったら読んでみて下さい。

仕事を辞めたいけど不安がいっぱい。転職できるのか。働きやすい職場環境がいい。給料は下がってしまわないか。転職についての不安や悩みを解消するための方法について、無料でできる転職診断テストなどご紹介します。

error: Content is protected !!