職場でお菓子はずしされた!今後どうしたらいいのかわからないという時

スポンサーリンク

チョコレートのお菓子

よく職場であるのが、みんなにお土産などのお菓子を配る時に、ある特定の人だけにお菓子を配らない「お菓子外し(お菓子はずし)」。

実は、そういう状況を何度も職場で目撃したこともあるし、自分もされたこともあるのですが、「お菓子はずし」って呼ばれていることを最近知りました。

そういう名称がついているってことは、かなりされている人って多いんじゃないかな?と思います。

スポンサーリンク

お菓子はずしの現場

私のいた職場でも、ある一人の人だけにお菓子を配らない。ということはありました。

その人は、自分からとくに人に話しかけるわけでもなく、ちょっと変わっていて、職場では浮いている感じでした。

ある女性の先輩は、みんなに1人ずつお菓子を配って、その人がいる目の前で露骨(ろこつ)にその人だけ外して配っているのを見たことがあります。

でも、それもちょっと大人げないというか…。

いくらその人にお菓子をあげたくないとしても、せめてその人が席をたったときとかもう少し配慮すべきでなないかな?

と、その先輩との関わり方を考えてしまいました。

まあ、そのちょっと職場で浮いてしまっている人も、みんなからお菓子をもらっているにもかかわらず、自分から一度もお菓子を配ったことがない。ということでも問題があったようですが…。

お菓子はずしをされた私の経験談

私もお菓子はずしをされたことあります。

ある会社に入って、数日しかたっていない間もない頃。

お昼に、長テーブルで他の方達と一緒にお弁当を食べていたのですが、ある女性(Aさんとします)がお菓子を配りだし、みごとに私のところだけお菓子を配らずスルーされました。

確かに、そのお菓子を配られている方とはまだお話ししたことがないし、仕方のないことだとは思います。

別にそのお菓子がほしいわけでもないのですが、自分だけ外される。ってなんかその場にいる存在を無視されたようで、すっごく悲しくなりました。

また、そのあと、他の方達がそのお菓子を食べながら「これおいしいね。」「どこのお菓子かな。」などと話されていたりすると、みんな私だけもらっていないのを知っているのになぜそんなこというのかな?と思ったことがあります。

(今から思えば、みんなあんまり考えてなかったんだと思いますが。)

その後、年数がたち、職場の人の性格などいろいろ様子がわかるようになってきて、その会社にもいろいろな人がいることがわかりました。

そして、あの時のAさんとも普通に話すことができるようになりました。

話ができるようになると、Aさんからお昼にお菓子を頂くこともありました。

私にとってAさんの最初の印象は最悪でしたが、今となっては別に悪い人ではなかったし、まあちょっと癖(くせ)のある人ではあるのかもしれません。

その後、やはりAさんは新人さんにはお菓子は配らずスルーしていました。

どうやら、知らない人にあげない。自分にとって得にならない人にはあげない。嫌いな人にはあげない。ということらしいです。

まあ、いろいろな人がいますからね…。

まとめ

女性の多い会社の場合、お菓子を配る風習がある職場って多いですよね。

お菓子をもらったら、もちろんお返ししなくてはいけないので、「お菓子をもらう ⇒ お返しする ⇒ またお返しする」というサイクルができて、習慣になってしまい、抜け出せなくなるんですよね。

そして、お菓子の質も、だんだん珍しいものや、インパクトがあって面白いもの、可愛いもの、新発売のものなど、いろいろと気を使うようになったりしてきて、面倒だな~と感じている人も意外に多いものではないでしょうか。

お菓子を自分だけもらえなかったときって、めちゃくちゃ悲しいですが、そういう露骨(ろこつ)に嫌がらせする人って、やっぱり性格的にあまり付き合いたくない人が多いものです。

お返しがない。とか、私はあんな高いお菓子みんなにあげたのに、こんな安いお菓子をあの人は返してきた。とか。

いろいろ言ってまた他の人をのけものにしたりするので、かえってお菓子をもらわなくてよかったという場合もあります。

「お菓子はずしされた」ということは、悲しいですが、その人から「好かれていない」「嫌われている」ということです。

でも、そんな低レベルなことする人からお菓子なんかもらいたくなし、今後、こちらも付き合いたくないです。

かえってお菓子なんてもらわなくてよかったんです!

関連記事

職場での人間関係は、必ず何かありますよね。 何にもない職場ってあるんでしょうか?
error: Content is protected !!