仕事に退職日までもう行きたくない!会社を休む方法と耐えるコツ

スポンサーリンク

ビル

もう仕事に行きたくない!
もう無理、限界…。

長い人生、そういう思うことってありますよね。

私もありました…。

勇気をもって辞める決断をし、上司とも話し合い退職日が決定。

しかし、今後は、辞めると決まったものの、あと数週間~1ヶ月くらい、まだこの会社に来なくてはならないかと思うと、ずっしり気が重い…。

長い目で見れば、あとたった数週間~1ヶ月で、もうこんな嫌な職場とは別れられるのに…。

しかし、その数週間~1ヶ月が今まで以上にすごく辛いんですよね。

辞めるとわかっているからなおさら、今までより、上司や職場の人たちの風当たりも強くなるかもしれないし、職場に居づらくなる可能性もあります。

そこで、今回は、もう退職日まで会社に行きたくない!とというとき、どうしたらいいのか。

退職日まで休む方法。

そして、もし退職日までどうしても行かなければならないとしたら、どう耐えたらいいのかについて、私の実際の体験談からお話していこうと思います。

スポンサーリンク

退職日まで休む方法

「退職日まで休む」ということは可能です。

会社の規定では、仕事を辞められるのは2ヶ月後となっていても退職したいと意志を伝えたあと、法律上は2週間後に辞めることができます。

第627条
当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。(wikibooksより引用

本来であれば、決められた退職日まで勤務するのが一番だと思います。

が、どうしても無理。我慢できなければ、退職日までの2週間を「有給休暇」または「体調不良(欠勤扱い)」で休みをもらうという方法もある。ということを知っておくだけで気持ちもラクになりますよね。

有給休暇を使う

有給休暇が残っていれば、退職日まで有休を使って休むのが一番休みやすい方法ですよね。

「退職日までの期間、有休を使わせて頂きます。」と申し出れば、会社側も有休扱いで処理してくれます。

体調不良で休む

もし、有給休暇がなく、どうしても仕事に行けそうもないなら、退職日まで体調不良で休むという方法

実際に、退職日までもう行きたくないくらい嫌で仕事を辞めるとなると、頭痛や腹痛などあったり、体調もあまりよくないと思うので、嘘をつくことにはなりません。

「体調が悪く仕事ができる状態ではないので、退職日まで休みます。」と伝えましょう。

もう少しの辛抱だし、最後くらい頑張った方いいのかな。と言うもやもやした気持ちもあると思います。

しかし、あなたを精神的に追いつめて辞めるまでにいたらせた職場です。

もう無理して我慢して行く必要はないんじゃないかな。

できれば、病院で診断書などをもらい、それを会社側に提出して、もう仕事に行けないということを証明できれば、会社側も認めざるを得ないでしょう。

休んでしまって無断欠勤にならないか心配

「無断欠勤」というのは、何も言わずに無断で休んでしまうということです。

「退職日までお休みを頂きます。」と伝えていれば(後々もめないようにメールなど証拠が残るものを残しておく)、「無断欠勤」ではなく、「欠勤扱い」になることがほとんどだと思います。

休んでしまって罰則などないか心配

退職日まで休んでしまって、なにか罰則があったら…と思うと怖くて休めないということもあるかもしれません。

しかし、あるとすれば、給料が減らされてしまう「減給」。

私も、辞めると言った後、給料を減らされたことがあったのですが、もう会社と縁を切れるなら、減給されてもどうでもいいと思ってしまう部分もありますよね。

中には、あなたが辞めると言って急に休んでしまったことで会社に損失が出たと「損害賠償(そんがいばいしょう)」を請求してくる会社もあるようですが、実際、会社側が損害を証明できないため、損害賠償の請求を受けることもないようです。

しかし、無断欠勤をしてしまうと、自己都合退職ではなく、「懲戒免職(ちょうかいめんしょく)」クビになってしまい、離職票に「懲戒免職」と書かれるので、転職活動するときよくないので、無断欠勤だけはやめましょう。

あと少しの期間でも仕事に行きたくないくらいほどの嫌な職場で、最後の最後で休むことを連絡するのは、またいろいろ嫌味や怒られたりしそうで怖いと思います。

しかし、もう辞める職場なので、「何を言われても気にしない!」という気持ちで、「退職日まで休む」意志を伝えましょう。

退職日まであと少しどうたえればいいのか?

「辞めます。」と言って退職日が決まった後、最初は、「あともう少しだから頑張ろう。あともう少しでこの地獄の日々から抜け出せる。」と思い少し気分も軽くなります。

しかし、実際、退職日までのあと数週間(または1ヶ月くらい)、本当に嫌な職場で限界の限界まで我慢していると、せっかくあともう少しで辞められるところまで来ているのに、あと少しの期間さえも苦痛なんですよね。

「辞める」と言うと、さらに上司や先輩、同僚から、きつい言葉を言われたり、嫌味・悪口を言われたり…。

あなたにはもう仕事は関係ないでしょ。と言わんばかりに無視されたり…。

仕事をまったく頼まれなくなり、会社に来ても何もすることがなく居づらくなったり…。

仕事を「本当に嫌で」辞めるときって、辞める時もさらにボロボロになり、うまく辞めるのって思った以上に大変です。(経験談…笑)

でも、どうしても、「有休を使って休んだり、体調不良で休むこともできない。」ということもあると思います。

そんな時はどうしたらいいか。

私が嫌な職場を退職日まで耐えた3つの方法をご紹介します。

嫌な職場を退職日まで耐えた私の3つの対策

カレンダーに×(バツ)印をつける

カレンダーでもなんでもいいのですが、あとどれくらい仕事に行けばいいか。
毎日バツ印をつけて、あと何日と思いながら仕事に行く。

こうすることで、目にはっきりみえるので、今日も一日乗り越えられた…という自分の自信にもなります。

私の場合、退職日まであと40日くらい前から、もう仕事行きたくないと思ってしまい、メモ用紙に1~40まで書きました。

そして、退職日までの期間、1日目行ったら「40」の紙を捨て、2日目行ったら「39」の紙を捨て…。

とカウントダウン方式で、自分の部屋の机の上にメモ用紙を置き「あと何日、あと何日行けば解放される。」自分をふるい立たせてました。

日記をつける

あと、もう一つの方法として、もうこんな嫌なことめったにないのだから…とあえて日記をつけていました。

上司の理不尽な言動にたえられなかったとき、「人生の中でもう今後こんな嫌な人にも会うことはないよな。」と思うようになり、あえてその上司を観察し日記をつけていました。

それがもととなり、このサイトを作るきっかけにもなったのです(笑)

あまりに非常識でびっくりするような上司の言動にあきれてしまうとともに、なんだか特別なことのように思えてきて、今後同じようなことがあった時にどう対処すればいいかも含め、メモしていました。

そうすると、嫌味を言われたり、怒られたりしても、なんとなく今日も日記に書くネタがあるな。

この上司はある意味、日記のネタには困らないほどすごい突拍子もないことをする人だったんだな。

と客観的に思えて少し気持ちは楽になります。

退職日までの自分の気持ちを毎日日記に書いてみて、気持ちの移り変わり、変化をみてみると
「嫌だ。嫌だ。」という気持ちから、少しは気がまぎれます。

後からその日記を見てみると、あの時はこんな風に思ったり、考えてたりしたんだな。
いろいろあったな。なんて懐かしく思えるかもしれません。

本を読む

悩んでいる時、苦しい時、辛い時。

こういう場合、他の人ならどう乗り越えていくのだろう。どうしたらこの壁を超えられるのか。

誰かに相談したくなったり、ヒントがほしくなりますよね。

そんな時、たくさんの解決のヒントが隠されているのが本です。

おすすめの本は古内 一絵 著「マカン・マラン」シリーズ(1~3まで)です。

私の友人が会社の人間関係で悩んでいた時、この本を読んで乗り切ったと言っておすすめしてくれた本です。

マカン・マランとは、インドネシア語で「夜食」と言う意味。

「マカン・マラン」のオーナーで、ドラァグクイーン(女装した男性)のシャールさんのもとにはいろいろな悩みを抱えた人たちが集まる。

そして、シャールさんのつくるおいしい料理とともに、心もいやしてくれるお話。

お料理もおいしそうで、読んだあと、心がほっこりし、仕事のことで悩んだ時、「これ読んでみて!」とみんなにすすめたくなる本です。

退職日まで休む方法と耐える方法のまとめ

私は、上記の3つの方法でなんとか退職日まで残り40日くらいを乗り切ったのですが、どうしても無理。体調不良も出てきている。というときは、「有給休暇をとる」「退職日まで体調不良で休む」などの方法でお休みさせてもらいましょう。

「立つ鳥跡を後をにごさず」で、最後くらいきれいに辞めたい。と思っても、本当に嫌で嫌で仕方ない仕事だったら、最後も円満にきれいに辞めるということはできません。

誰になんと言われようともう退職することが決まっているのだし、どんなに文句を言われても、もうその人たちとは二度と会わなくなります。

人から何を言われようと気にしなくていいです。

最後は自分の決断になりますが、自分が後悔しないように。

そして、体や心も無理しないようにしてください。

error: Content is protected !!