転職し新しい仕事が覚えられなく一人で任されると不安で怖い。どうしたらいい? 

スポンサーリンク

不安で悲しげな会社員

転職したばかりは、仕事もわからないし、どんな人がいるのかもわからないし、何もかもが慣れなくて気を使って大変ですよね。

3日目くらいまでは職場の環境になれるのが精いっぱい。

1ヶ月くらい経つとなんとなく仕事の流れがわかってきて。

3ヶ月目になると周りのことも見えはじめ、自分の居場所みたいなものができたかな。という感じでしょうか。

それでも、まだ3ヶ月、半年くらいまでは、慣れることはなく仕事でもわからないことは多いですよね。

前に教えてもらった仕事でも微妙に違った場合、以前と同じでいいのか、それとも違う方法なのか。自分で判断するべきか。それとも先輩に確認すべきか。ちょっとしたことでもまだ自分では判断できず不安になることもあります。

転職だと、誰かの引継ぎで入社するということもありますよね。

引継ぎで教えてくれる先輩がいなくなったら。と思うと一人でやっていけるのかという不安もあります。

とにかく、転職したばかりで慣れない頃は、不安でいっぱい。

この時期のこの不安をどうやって乗り越えていけばいいのでしょうか?

スポンサーリンク

わからないことが多く不安で怖い

以前とまったく同じ業種に転職したとしても、おおまかな仕事の流れが一緒でも職場によってやり方・ルールが違っていたりするので、一から覚えなおさないといけませんよね。

仕事をひとつひとつ先輩に教えもらいメモをとりながら、早く覚えようとするものの、複雑な仕事だったり、実際、自分で体験してやってみないとわからない仕事だと、なかなか1~2回くらいではきちんと覚えきれず…。

そういう時、自分は覚えるのが遅いのかな。周りの人に迷惑をかけているかもしれない。と不安になり落ち込むこともありますよね。

しかし、何でもそうですが、「初めてやること」はわからなくて当たり前です。

周りの職場の人たちと自分を比べ、自分のできなさに嫌になってしまうこともありますが、職場の人たちは数ヶ月~数年かけて覚えてきたことです。

それをすぐに覚えられるわけがありません。

転職して慣れるまでは、私にはあれもよくわからない、これもよくわからないと、職場の人たちと自分を比べてへこんでしまいますが、ここで比べるのは人ではなく自分。

1ヶ月目の自分と3ヶ月経った今の自分を比べてみましょう。

たぶん、仕事の中でもいくつかできることが増えているのではないでしょうか。

最初はわからくて不安もいっぱいあると思いますが、実は毎日ちょっとずつ成長し、わかることが多くなっています。

仮に、仕事で覚えなければならない量を10とすると、今は全体の2・3割くらいは分ってきていて、一見、わからないことが多いと感じているかもしれませんが、わからないことは確実に減っていってます。

一人で仕事ができるか不安で怖い

最初は先輩の仕事を見させてもらって、次に先輩と一緒に仕事をして大丈夫か確認してもらい、最後は一人でやってみる。という流れで教えてもらうことが多いと思います。

私は暗記力がなく覚えるのが苦手なので、先輩の確認がないと不安で仕方なく、一人で仕事ができるようになるには時間がかかる方でした。

また仕事って毎回同じ仕事でも、何かが微妙に違ってこれは前と同じ処理でいいのかな?と疑問に思うことも出てくる特殊(とくしゅ)なケースがあります。

一人で仕事を任されるようになり、こういう特殊なケースの仕事がでてきたときは本当に困りますよね。

先輩がその場にいればすぐ聞くことができますが、居ない場合、自分でどう処理したらいいのか判断しなければならないとき。

一番困るのは、わからないのに勝手に仕事を進めてしまって、ミスをしてしまい周りの人に迷惑をかけてしまうことです。

わからないことは、先輩に「そんなこともわからないのか。」と怒られても確認して聞いた方がいいです。

もし、誰も助けてくれず不安なまま一人で任されてしまい、どうしてもその仕事をしなければならない場合、今自分のできる範囲でやりきるしかありません。

たぶん、初めての人にそれほど難しい仕事はさせないと思うし、ミスすれば怒られるかもしれませんが、慣れていなければミスしてももうしょうがないし、あまりにも失敗が多ければ仕事を変えてくれると思います。

最初一人で任されたとき不安ですが、これはもう少しずつ「できる」自信をつけて慣れていくしかないですよね。

引き継ぎで自分の実力以上を求められそれができなくて不安で怖い

とくに前任者が仕事がよくできて、その引き継ぎで仕事を任されたりするとすごくプレッシャーですよね。

前の人はもっと早かったのに。前の人はこうやってくれたのに。と比べられたりして、自分は初めのことでそれだけでも不安なのに、有能な人と比べられるのは辛いです。

前任者の引き継ぎで入ると、職場の人たちからも100%前の人と同じように仕事を求められるため、最初から仕事量が多かったり、スピードも求められるので結構大変ですよね。

引き継ぎの期間も1週間しかなくて、もう前の人が辞めてしまったら聞くこともできない状況。

しかも、前任者が仕事がよくできる人だと、仕事の量も多く、その人しかしらない業務もあったりして、とにかく早く覚えないとまずい…。

一人で任されたときのことを考えると「自分にできるのだろうか。」と不安で怖くなる時もあると思います。

そんな状況だと前任者と比べて焦ってしまいますが、前任者の人も時間をかけて今の仕事ができるようになったのです。

昨日今日で、仕事ができるようになったわけではありません。

有能だった前任者の引き継ぎの仕事というのは大変ですが、「人は人」「自分は自分」。

自分のペースで一生懸命仕事をしていけば、昨日の自分より今日の自分の方が確実に成長して、仕事のできる人になっています。

まとめ

とにかく初めての仕事は不安で怖いですよね。

転職すれば、仕事の事以外にも職場の人たちとの関係でも気を使うし疲れます。

みんな今は慣れていて、冗談を言って笑ったり、仕事も要領よくできるように見えますが、「最初」は誰でもあり不安だったと思います。

仕事に慣れる一番いい方法は、その場に長くいること。

勤続年数が30年の人と比べても、自分だけ時間が早く流れるわけでもないので追いつけるわけがありません。

勤続年数が長い職場の人と比べてできないのは当たり前です。

本当に比べるべきなのは、「昨日の自分」。

昨日と今日の自分を比べ、何か一つでも得るものがあればそれでいいのです。

みんな1日は24時間という時間の流れは同じなので、「不安を取り去るには」毎日を積み重ねて「自信」を得ていくしかないですよね。

関連記事

仕事の引き継ぎしているときって不安だし、これからこの仕事をすべて一人でこなさないといけないかと思うと心配ですよね。
仕事が1年たっても慣れないし覚えられない時。もう少し頑張った方がいいのか。それとも辞めるべきか迷った時の判断方法について、どうしたらいいのかを詳しくご紹介します。
error: Content is protected !!