人手不足の職場を辞めたい時、どうしたらうまく辞めさせてもらうことができますか?

スポンサーリンク

会議をするビジネスマン

仕事を辞めるときって、色々考えてしまいますよね。

実際、辞める時は、入る時より大変。

しかも、定年退職や、任期が終わる契約終了などで辞めるということになれば、うまく辞めることができますが、そうでない場合、辞めるときにゴタゴタがなくスムーズに辞めるのは、結構、難しいと思います。

とくに、仕事が忙しい時期や、人手不足で休むこともできない状態でなんとか仕事を回している場合、よほどのことがない限り、みんなに迷惑がかかってしまうので、「辞める」とは言いにくいですよね。

スポンサーリンク

人手不足が招く悪循環

本当は5人でしていた仕事を、一人が辞めてしまい4人で回さなければならなくなった。

しかし、会社が人件費を削減するため、求人を出さずそのまま誰も雇わず4人で仕事をすることに…。

すると、残業が増え、忙しすぎて心も余裕がなくなり、人間関係もギクシャクしてきて悪くなってしまった。

そして、その状況に耐えられず、一人急に辞めてしまい、3人でその仕事をしなければならないことに…。

とても3人ではできない仕事で、ときどき助っ人に入ってくれる人もいるけれど、お手伝いとしてしか仕事を頼めないため、大変な仕事を全部自分がかぶることに…。

残業はさらに増え、休日出勤も増えて、職場も人間関係も忙しすぎて、みんなイライラしていてとても居心地が悪い。

人間はロボットではないので、忙しさも度(ど)を過ぎると、限界があります。

だんだん体調も悪くなり、朝、頭痛や吐き気などもひどい。

もうこの状態では無理…。辞めたい。

そう思っても、もし本当に辞めてしまったら、もっと仕事が大変になり、他の人がつらい思いをしてしまうかも。

そう思うとなかなか辞められませんよね。

人は忙しいと、イライラします。

職場では、そのイライラを自分より弱い立場の人にぶつけストレスを発散しようとするんですよね。

そうすると、人間関係が悪くなり、一人辞め、二人辞めてしまい、また忙しくなり、よけいイライラし、また誰かにあたりちらし、そしてまた辞めていく…。

仕事が忙しいとき、「今、辞めたらみんなに迷惑だろうな。」と思って我慢していると、いつの間にか周りが自分より先に辞めてしまっていて、どんどん辞めにくくなってしまうということも考えられます。

辞めるのに、うまく辞めるという方法はなかなかなく難しいです。

とくに、人手不足で辞めるとなると、どのタイミングで言ってもあまりいい顔をされないし、それに人手不足は会社の責任であって、あなたの責任ではないので、辞めたいと思えばいつでも辞めると言っていいのです。

辞めるときは、みんなから恨まれず(うらまれず)、会社ともめずに、迷惑もかけずに辞めたいな。と思うのですが、そう簡単に辞めさせてくれないのが仕事なんですよね…。

うまく辞めるための理由

実家に帰るため

一人暮らしをしていて実家が遠ければ、「実家に帰ることになったので」という理由。

ただ、それだけだと、なんで今、人手不足の時に辞めることはないでしょ。と言われる可能性もあるので、「父または母が病気(ここは両親にごめんよと言うことで…)で、どうしてもすぐに帰らなければならない。」など、緊急の理由を付け加えた方がいいかもしれませんね。

手術することになった

あまりいいことではありませんが、どうしても辞めたいと言っても辞めさせてくれない場合など、どうしてものときは嘘でもなんでも仕方ありません。

「手術することになった。」などの理由。

ただ、本当に人手不足だと、「手術が終わったら、復帰してほしい。」と言われるかもしれません。

その時「術後の回復がどれくらいかかるかわからないので。」というように、きちんとお断りできるようにしておきましょう。

体調不良のため

たぶん、辞めたいけれど辞められないと悩んでいるなら、少なからず心や体調にも負担はかかっているはず。

「体調がよくなく、ここまま仕事を続けることができない。」ときっぱりと辞めることを告げましょう。

本当に体調が悪ければ、病院で診断書なども書いてもらうことができるので、診断書を提出することで辞めやすくなるかもしれませんね。

引きとめられたら…

辞めたいと言っても、人手不足であればなかなか辞めさせてくれない会社もあるかもしれません。

「次の人が来て引継ぎが終わるまでもう少し待ってくれないか。」
「せめて、忙しい時期が終わる○月までいてくれないか。」
「今後、人数を増やす予定だから…。」

と、あれこれ改善策を提示して、ずるずると続けることになることもあります。

しかし、本当に引き伸ばされてその時スパッと辞めることができる。また人数を増やし改善してくれればいいですが、今まで人手不足であるのを知っていても放置していて、急に辞めると言ったら改善してくれるとは思えません。

それに、口約束だけでは、裏切られる可能性が高い。と私は思ってしまいます。

自分の中でも、「みんなに迷惑がかかる。」「転職するのも大変。」「改善してくれるなら、このまま続けるのが一番楽ではある。」という思いがあるため迷うところでもあります。

そこは、もう一度自分の気持ちと相談して決めましょう。

そして、会社の社内規定をもう一度確認してみましょう。

たぶんほとんどの会社では、退職したい場合、30日前(1ヶ月前)や2週間前に申し出ることになっていると思います。

なかなか引き止められて辞めることを納得してくれない場合でも、社内規定に30日前や2週間前など決まっていれば、会社側が納得していなくても退職届を出して辞めることはできます。

まとめ

最後くらい、うまく辞めたい…。

しかし、辞めるということは少なからずみんなに迷惑になるので、うまく辞めることは、あまり考えない方がいいような気がします。

それよりも、「急に辞める。」「電話で辞めることを伝えて、そのまま出勤せず、退職届などを郵送で送る。」など、最悪の辞め方をしないようにすることの方が大切です。

それには、「はっきり辞めることを伝えること。社内規定にそって退職日まできちんと働くこと。」

当たり前と言えばそうなのですが、我慢しすぎると仕事に怖くて行けなくなってしまうこともあり、そうなると最悪の辞め方になってしまう可能性もあるので、当たり前のことを目標にした方が気持ちも楽にいられると思います。

error: Content is protected !!