転職支援サイト(サービス)とは?利用するメリットとデメリット

スポンサーリンク

ファイルを持った女性

「転職しよう!」と思った時、以前はハローワークなどでの転職が一般的でしたが、最近は転職支援サイト(転職支援サービス)を利用する人が増えていますよね。

私の友人もはじめて「転職支援サイト」を利用して、最近、転職に成功しました。

「なんで、転職支援サイトを利用しようと思ったの?」と、聞いてみたところ、その友人の友人が転職支援サイトを利用していて、同じく転職に成功したからと言っていました。

仕事は忙しそうですが、年収もアップしたみたいで、毎日充実しているようです。

そこで今回、転職支援サイト(サービス)とはどんなものなのか。

利用する際のメリットとデメリットについて。

どこがおすすめか。について。

はじめて転職支援サイト(サービス)を利用する場合の不安や疑問点など、わかりやすくご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

転職支援サイト(サービス)とは?

まず、転職支援サイトとは?ということから。

転職支援サイトとは、アドバイザー(キャリアコンサルタント)さんがいて転職について相談に乗ってくれます。

仕事を紹介してくれたり、履歴書・職務経歴書などの書類添削などもしてくれサポートしてるサービスのことです。

つまり、私たち求職者と、人がほしい企業側とを、アドバイザーさんを通じてつないでくれる橋渡しの役割をしてくれ、支援会社ってことですね。

そのため、アドバイザーさんが相談にのってくれる転職支援のことを、「転職支援サービス」「人材紹介会社」「転職エージェント」と言うこともあります。

* エージェント…両者の間にたって話をまとめたり、仲介(ちゅうかい)してくれる人のこと。

転職支援サイトは利用は無料

転職支援サイトは登録や相談、サポートなどすべて無料でできます。

なぜ無料かというと、仕事を紹介して、その人が転職した後、企業から紹介料として報酬をもらうシステムだからなんです。

つまり、私たちは仕事を紹介してほしいし転職したい。ということで利用しても、転職支援サイトは仕事を紹介してもらえれば紹介料が入る。

お互いにメリットがあるシステムというわけですね。

転職支援サイトと同じような意味で、「転職支援サービス」「人材紹介会社」「転職エージェント」と名前の呼び方もいっぱいあって、私も最初、それぞれ何が違うのかわかりませんでした。

実際、サービスを利用してみたりするうち、ネットを使って転職する(正社員に転職する)時、大きく2種類のサイトに分けられることがわかりました。

転職サイトと転職支援サイトの違い

ネットを使って転職する時に、大きく分けて「転職サイト」と「転職支援サイト(転職支援サービス、人材紹介会社、転職エージェント)」の2種類のサービスがあります。

名前に「支援」が入っているかないかの違いですが、サポートが大きく違うんです。

「転職サイト」とは、自分で良さそうな求人があったら申し込むタイプ

「転職支援サイト(転職支援サービス・転職エージェントなどとも呼ばれる)」とは、担当のアドバイザーさんがいてくれて相談しながら転職でき、日程の調整、面接の予約、企業との交渉などの手厚いサポートがある

転職支援サイトでは、「支援」という言葉のとおり、転職についてあらゆるサポートをしてくれるサービスです。

いたれりつくせりって感じですよね。

では、それぞれどんな人におすすめなのか見てみましょう。

転職サイト、転職支援サイトそれぞれおすすめな人とは?

転職サイトの利用が向いている人

まだ転職には迷いがあるけれど、何か動き出したいと思っている人。

気軽に自分のペースで転職活動をしたい人

申し込みから面接の日程調整など自分の都合に合わせてやりたい人。

転職支援サイトの利用が向いている人

誰かに転職や仕事について相談にのってほしいと思っている人。

* 企業の詳細情報も教えてもらえることもあるので、転職での不安なことなども自分一人で悩まず相談しやすい。

履歴書の書き方から面接の仕方まで、サポート体制がしっかり整っているので、転職の成功率が高く、一人で転職活動をするのが不安な人に向いている。

面接の予約、日程の調整など、企業とのやりとりは担当のアドバイザーさんがしてくれるので、転職に集中したい人に向いている。

転職したいけど、まず何から始めればいいかわからない人

ここまで読むと、転職支援サイトを利用するのが良さそうだな。と感じますが、メリットがあれば、デメリットもありますよね。

ということで、転職支援サイト(転職支援サービス)のメリット、デメリットもみてみましょう。

転職支援サイトを利用するメリットとデメリット

メリット

面接の練習、職務経歴書の書き方など転職に必要なことをサポートしてくれ、さらに企業に売り込んでくれるので転職の成功率は高い。

職場の雰囲気、残業時間など、自分で転職活動しているだけではわからない内部事情やノウハウなども教えてくれる。

企業と、面接の日程、入社日の調整、条件の交渉など、忙しかったり、こちらから言いにくいことを代わりに交渉してくれる。

転職のプロがあなたに合った仕事を紹介してくれるので、自分が今まで気が付かなかった業種なども紹介してくれる可能性がある。

転職について、不安や心配なことをすぐ相談できるので、安心感がある。

デメリット

担当してくれるアドバイザー(キャリアコンサルタント)さんと合わない場合もある。(その場合、担当を代えてもらうこともできる。)

転職後、企業から紹介料をもらうので、転職支援サービスの会社は転職をしてもらわないと報酬が得られません。

そのため「とにかく転職させよう」という気持ちがあり、内定を急がされたりすることがある。

職歴がなかったりすると「ご案内できる案件(仕事)がありません。」と、登録を断られることもある。

転職についてのサポート体制がかなり手厚く、ノウハウや企業の情報など、求人票に書かれていないことも教えてもらえるメリットは大きいですよね。

しかし、その反面、「転職をしてもらわないと報酬が得られない」ということで、転職意欲がないと連絡が来なかったり、面接後、内定した場合、結論を急がされる場合もあるようです。

おすすめの転職支援サイト

今、転職支援サイトはたくさんあって、いざ登録したいと思っても迷ってしまいますよね。

そこで、サポート体制がしっかりしていて、利用者も多い、おすすめの転職支援サイトをまとめてみました。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

人材紹介会社の大手リクルートが運営している、転職支援サービス「リクルートエージェント」。

【 特徴 】

・ 非公開求人は業界最大級の約10万件と求人数も多い

・ 約37万名の成功実績がある転職成功実績No.1。

・ 利用者の満足度80%以上の「面接力向上セミナー」にも無料で参加可能できる。

求人数も多く、転職支援サービスの中で利用者も多く、安心感があります。

「転職しよう」と思った時に、リクルートエージェントに登録しておけば間違いない。と言えますね。

詳細を見てみる 転職するならリクルートエージェント

リクルートエージェントの登録方法についてはこちらの記事へ >>

リクルートエージェントの登録方法を詳しく解説。プロフィール、職務経歴などどんな内容を入力するのか。申し込みの流れについてご紹介します。

DODA(デューダ)

doda

パーソルキャリア株式会社(元は株式会社インテリジェンス)の運営する転職支援サービス「DODA(デューダ)」。

アルバイト求人情報「an(アン)」などのサービスも提供している会社です。

【 特徴 】

・ 求人数は全国10万件以上で日本最大級の多さ。

・ DODA(デューダ)は、アドバイザーさんがいる「転職支援サービス」と、自分で応募する「転職サイト」の両方利用でき、好きなスタイルを選べる。

・ DODA(デューダ)は、女性の転職サポートも力をいれていて、女性のキャリアアドバイザーさんも多く、安心して相談できる。

DODA(デューダ)は、比較的、登録しやすいという印象。

他の転職支援サービスで登録を断られてしまったけど、DODA(デューダ)で登録できたというクチコミもありました。

スキルやキャリアにあまり自信がない。女性の転職にも積極的な転職支援サービスを利用したい人は、まずDODA(デューダ)に登録!

詳細を見てみる 転職ならDODAエージェントサービス

パソナキャリア

パソナキャリア

人材派遣や人材紹介の大手株式会社パソナグループが運営している、転職支援サービス「パソナキャリア」。

【 特徴 】

・ 求人数は上記の2社と比べ多くないものの、公開求人は約6,000件・非公開求人は約15,000件もある。

・ 「ウーマンキャリア」という女性のための転職支援サイトもあり、女性の転職支援に力を入れていて実績も多い。

パソナは、結婚・出産などでの環境の変化、経験に合わせて、ひとりひとりに寄りそったサポートしてくれ、女性にうれしい転職支援サービスです。

詳細を見てみる 転職ならパソナキャリア

その他、有名な転職支援サービスでは「マイナビエージェント」もあります。

マイナビエージェントは、どちらかというと年齢的に20代の若い世代の転職が中心のようなので、今回ご紹介しませんでした。

30代女性で、どの転職支援サービスを利用したらいいか迷っていたら、

リクルートエージェント

DODAエージェントサービス

パソナキャリア

の3社からまずは選んで登録してみてはいかがでしょうか。

error: Content is protected !!