仮登録後の派遣登録の流れ!スキルチェックや面接で聞かれることは?

スポンサーリンク

握手

事前にネットで仮登録した後は、来社登録の場合、実際に派遣会社に行って登録しなければなりませんよね。

でも、派遣登録でどんなことをするんだろうと初めてだと緊張します。

派遣登録で面接で聞かれることはどんなことがあるんだろうか?

スキルチェックはどんなことをするの?

Word(ワード)・Excel(エクセル)のテストはある?

タイピングテストはどんなことをするの?

時間はどれくらいかかる?

私が実際に派遣で登録してみたときの流れをまとめてみました。

スポンサーリンク

派遣の登録の来社日当日!

当日は、来社予約した時間に遅れないように行きましょう。

遅れたり、当日急用ができて行けなくなってしまった場合は、早めに連絡をしておきましょう。

やはり、今後のためにも社会人としてのマナーを忘れずに。

持ち物は、その派遣会社によって違いますが、身分証明書、印鑑、履歴書、職務経歴書などです。

証明写真が必要なところもありましたので、事前に確認しておいた方がいいですね。

服装は?

私は派遣登録の時でもスーツでいつも行っていました。

中には私服の人もいるようですが、どんな私服がいいのかわからなかったので、わからなければスーツが無難だと思います。

大手の派遣会社のオフィスは、ビルの中に入っていることが多いですよね。

ビルにはいろいろな企業があっていて、ごちゃごちゃしていてカタカナや英語の名前が似ている会社があることもあるので間違えないように気をつけましょう。

派遣会社に到着したら

派遣会社に到着したら、受付の人がいればその人の「何時に予約していた○○です。」というと案内してくれます。

中には、入口に電話が置いてあり「御用の方は△△△△の番号を押して下さい。」と書かれてあり、その番号を押すと派遣会社の受付の方につながり、すぐ奥のオフィスから出てきてくれます。

最初、このシステムになれてなくて戸惑ってしまい、たまたま通った通りすがりのおじさんに聞いて教えてもらったことがあります(笑)

派遣会社で案内されたら

まずテーブルに通され、簡単な案内をされます。

その後派遣会社についてのシステムなどの説明の案内動画を10分くらい観ます。

派遣スタッフは派遣会社の社員として雇用され、派遣先への企業へ派遣されますよね。

給料の支払い方法や仕事がはじまって当日病気でお休みする場合はどうしたらいいかなど、詳しく説明された動画です。

もし疑問に思ったことがあればメモしておき、あとで担当の方にわからないことは質問しましょう。

その後、スキルチェックがあります。

主に一般常識のテスト、タイピングテスト、Word(ワード)・Excel(エクセル)のテストなどですが、派遣会社でも異なります。

一般常識のテスト

一般常識のテストは、間違えやすい漢字の読み方・書き方、簡単な計算などで、4択か5択など選ぶものが多いのでわからなければどれかを選んでおけば当たるかも(笑)

他に、丁寧語や尊敬語など言葉づかいやその他のマナーの問題もある派遣会社もありました。

こちらも回答は選択式だったので、とりあえずどれかを選んでおきました(笑)

すっごく緊張しますが、それほど難しくないので、制限時間もあるのでパパッと答えていきましょう。

タイピングテスト

タイピングテストは、パソコンの画面に文章がでてきて、それを決められた制限時間内に何文字入力できるかというものでした。

時間内に文章が入力できなくても、画面が切り替わり次々に新しい文章問題がでてきてまた制限時間内にどこまで入力できるかというタイプの問題のときは結構焦りました。

ここでは、入力ミスがないか変換ができているか、記号なども使えるかなどもチェックされているようです。

私は、キーボードの指の位置もめちゃくちゃで手元を見ながらの入力しかできないので、派遣登録の前までタイピングの練習をしたのですが…微妙でした。

パソコンのキーボードが固いく押しにくいという派遣会社もあり、もうこの辺はしょうがないですよね。

Word(ワード)・Excel(エクセル)のテスト

Word・Excelのテストは、文字を大きくしたり太くしたり色を変えたり、Excelは表をつくってグラフにしたりと、指示の出された通りにできるかのテストです。

一般常識やタイピングのテストやWord・Excelのテストは、ないところもあります。

私は、MOS資格ももっていなくWord・Excelはほぼ自己流なのでテストは苦手なのですが、富士通エフ・オー・エム株式会社(FOM出版)のよくわかるシリーズで勉強をしていきました。

今だとMicrosoft Word 2016やMicrosoft Excel 2016ですね。

よくわかるシリーズの本は解説が丁寧でわかりやすく見やすくて、WordとExcelを勉強するには一番よかったです。


>>Microsoft Word 2016 対策テキスト& 問題集 (よくわかるマスター)


>>Microsoft Excel 2016 対策テキスト& 問題集 (よくわかるマスター)

派遣登録と面接(面談)

いよいよ、担当の方と派遣登録と面接(面談)を行います。

面接と言ってもあまり厳しい質問はされません。

でも、前職はどうしてやめたのか。

履歴書に空白期間がある場合何をしていたのか。などの質問をされた派遣会社はありました。

そこでは、私は上司とそりが合わなくて辞めたので素直に答えてしまってしまったときもありましたが、これが良いのか悪いのかはわかりません。

担当の方も「いろいろありますからね。」ということでそれ以上は聞かれませんでしたが、担当者の方の雰囲気だったり話しやすさで、その辺は臨機応変に答えを用意しておきましょう。

その後、条件にあった求人をいくつか案内してくれます。

勤務地、勤務時間、給与、時間外労働、休日、給与などを検討して、その場で良さそうなところだなと思ったら、紹介してもらえるようにお願いします。

自分でネットで探してみて気になっていた求人があれば、コピーして持って行っても大丈夫です。

私も派遣の登録日にいくつか持っていき、詳細を教えてもらったこともあります。

当日、気に入ったところがなければ、後日また条件に合ったところが見つかったら連絡してくれるので、メールアドレスや電話番号は間違えの内容に記入しておきましょう。

派遣の登録は、時間は1時間半~2時間くらいで終了です。

前にもう一人予約の人がいたり、担当者の方とのいろいろお話して面接の時間が長くなったりすることもあるので、時間には余裕を持っておいた方がいいですね。

まとめ

ここまでが、事前登録した後に派遣会社の派遣社員として登録するまでの流れです。

最初は、スキルチェックってどんなことをするんだろう。面接は何を聞かれるんだろう。と不安ですが、普通にしていればそれほど難しくはありませんので大丈夫です。

ただ、スキルチェックでもあまりにも間違いが多かったり、事務職希望でパソコンもマウスを使ってのネットの閲覧くらいのスキルだと、希望する職種によっては案内できないといわれるかもしれません。

派遣会社の人が会場に来てくれる派遣登録会では、スキルチェックなどなく担当の方と軽く話した後、その場で登録ということもありました。

面接をしてくれる担当の方も、多くの人を派遣社員として雇い、企業へ派遣したいと思っているので、登録を断れることはそれほどないように感じます。

この面接をしてくれる担当の方も、親身になってくれる良い方もいれば、言い方にクセのある方もいらっしゃり、運もありますよね。

まず、第1ステップの派遣の登録までのお話でした。

おすすめの派遣会社は?

私もたくさん(7社くらいかな?)派遣会社には登録したことがあるのですが、やはり大手の派遣会社さんの方が求人数も多く、丁寧だと感じました。

新しく派遣会社に登録するときの参考にしてみて下さい。

おすすめの大手の派遣会社さん

テンプスタッフ リクルートスタッフィング
 登録場所など  国内にオフィスは447拠点、海外にも43拠点あり業界最大級。  全国31ヶ所に登録センターがあり、出張会場での登録説明会もある。
 特徴  20,000件以上の求人数があり業績ランキングNo.1の派遣会社。  リクルートの派遣会社で大手有名企業・安心して働ける優良企業が多い。
 公式サイト テンプスタッフ リクルートスタッフィング

両方の派遣会社とも、会員登録は無料で「来社登録」と「パソコン上でできるオンライン(WEB)登録」の2種類があります。

直接会って、お仕事の相談したい場合は「来社登録」

どんな仕事があるかまずはじっくり自分で検討したい場合は、「パソコン上でできるオンライン(WEB)登録」が簡単でいいと思います。

テンプスタッフさんの方は次々に仕事を紹介してくれる感じで、リクルートスタッフィングさんは条件に近いものをじっくり選んでくれる感じかな。

私はいろいろと相談したく、仕事や条件なども詳しく見たかったので、両方の会社とも来社登録しましたが、どちらとも対応してくれたスタッフさんは丁寧でしっかりしたところでした。

女性に人気の事務系のお仕事も多いです。

error: Content is protected !!