仕事が泣きたいほど辛い!上司に毎日怒られ辞めたい時の解決案

スポンサーリンク

泣く

上司から、毎日、注意され怒られている。

私が何をやっても気に入らないらしく、どうやら嫌われているみたい。

最初は「なにを言われてもがんばろう!」「期待されているからこそしかられるんだ。」と思っていたのに、それが毎日怒られるとなると…。

いくら強い心でいようと思っていても、人格を否定するようなことも言われ、だんだんくずれてボロボロに…。

なんて自分はダメなんだ。

情けない。

勝手に涙があふれでてしまいそうになる…。

そして、恐怖心から上司と話をするだけでもビクビクし、精神的にも自分をコントロールできなくなってしまっている。

もう辞めたい。

毎日毎日、上司に怒られていると、どんどん自分を責めるようになって、辛くなり泣きたくもなりますよね。

仕事にたいしての自信もなくなり、辞めたいと思うこと。私もありました。

このような逃げ場のない辛い状況のとき、どうしたらいいのか。

我慢して続けた方がいいのか。それとも辞めた方がいいのか。

もし、辞めても転職できるのだろうか。

迷っているときって一番辛いし、どうしたらいいのか判断できないものですよね。

そこで、「上司から毎日怒られ、泣きたいほど仕事が辛く辞めたい時、どうしたらいいのか?」ついてお話してみようと思います。

スポンサーリンク

上司を変えることはできない

まず、現状でできることを考えてみましょう。

よく言われていることですが、残念ながら他人を変えることができません。

そのため、この場合、あなたの方が変わるしかないんです。

それは、問題の上司から離れることかもしれないし、あなたの考え方や態度を変えてみることかもしれません。

そんな嫌な上司のために、なぜこちらが変わらなければならないの?と、おかしいと感じるかもしれません。

しかし、相手の気持ちを変えることができない以上、こちらが変わるしかないんですよね。

上司の上司に相談する

そう考えると、「上司の上司(または信頼できる人)に相談する。」ということが一番解決が早いです。

大きな会社なら部署移動をお願いしてみましょう。

しかし、小さな会社であったり、上司の上司にも相談できない。会社に信頼できる人がいない。という場合もありますよね。

私も上司から「お前はできが悪い」と毎日怒られていた時、小さな会社であったため、相談できる人が誰もいなく地獄の日々でした。

最後は体調をくずして、うつ状態になってしまい辞めざるを得なくなってしまったのですが、誰か一人でも相談できる人がいると救われますよね。

もし、誰にも相談できない。ということであれば、次の方法。

上司に対してビクビクしすぎない

毎日、上司に怒られていると、自分を責めるようになってしまいどんどん自信がなくなり、弱気になっていってしまいますよね。

私も理不尽な上司から怒られていた時そうだったのですが、毎日怒られていると、ビクビクして言いたいことも言えず、ただその苦痛に耐えるのに精いっぱいでした。

しかし、こちらが弱気になって引きすぎてしまうと、バランスを保とうとする力が働き、ますます相手が強気になり横暴になっていくんです。

つまり、こちらが自信を無くしすぎてただビクビクしていると、相手はどんどん高圧的になりよけい怒られるようになってしまいます。

そのため、必要以上に自信を無くしすぎないこと。引きすぎないこと。が重要です。

自信を無くしすぎないためにはどうしたらいいのか?については、上司から毎日怒られ仕事に自信がない時!自分を取り戻す3つの方法の記事で詳しく書きましたので、よろしければ読んでみて下さい。

それでも、うまくいかない場合は…。

最終手段…。

会社側にも相談できず、あなたが変わろうと努力しても無理だった場合、体調を崩したりする前に、その上司から離れるしかありません。

私も、上司から毎日怒られて、それでも我慢し続けたことで、最終的にうつっぽくなってしまい生きてることが辛く、そこから抜け出すのに1年ほどかかりました。

あなたの人生をその上司に振り回され、壊される必要はないです。

仕事を辞める場合、辞めない場合、それぞれのメリットとデメリットを書きだしてみましょう。

気持ちを整理することで、どうしたらこの状況をかえられるか問題点もわかります。

仕事を辞める辞めないのメリットとデメリットをはっきりさせる

予定手帳

まず、今のあなたがどうしたいのか。
あなたの気持ちをはっきりさせておきましょう。

たぶん、辞められるものなら辞めたいけれど、今後すぐ転職できるか。自分に合った仕事がみつかるかもわからないし、生活費などの不安もありますよね。

そこで、まず、A4のコピー用紙でも、ノートでもいいので白い紙を用意します。

そして、「辞めた場合のメリット・デメリット」と「辞めなかった場合のメリット・デメリット」を思いつくままに書いていきます。

例えばこんな感じ。

仕事を辞めた場合のメリットとデメリット

【 メリット 】

・ 今の辛い状況から抜け出せる。

・ もう二度と嫌な上司の顔を見なくてすむ。

・ もっと自分に合った仕事が見つかるかも。

【 デメリット 】

・ 収入が下がるかもしれない。

・ また転職活動をしなければならない。

仕事を辞めなかった場合のメリットとデメリット

【 メリット 】

・ とりあえず給料はもらえる。

・ 転職活動をしなくてすむ。

【 デメリット 】

・ この最悪の状況がずっと続く。

・ 上司の言動に精神的に耐えられず病気になるかもしれない。

たぶん、あなたならもっと具体的にたくさん書けるのではないでしょうか。

すると、頭の中でモヤモヤしていたものが、整理され、あなたが今どうしたいのか。心の奥の思っていることが客観的にみられると思います。

それぞれのメリットとデメリットを見比べて、「今後、どう仕事をしていきたいのか。どのような気持ちで毎日過ごしたいか。」をじっくり考えてみましょう。

辞めるか辞めないかは人と比較しても意味がない

仕事を辞める、辞めないの判断は、自分でもなかなか難しく決断できないものですよね。

「みんなもっと辛い思いをしているのかもしれない。」
「辞めるのは甘えなんだろうか。」

と、つい人と比較して、どのくらい我慢して辞めるのが正解なのか。と基準がほしくなります。

しかし、実際、仕事を辞めるのに、どれくらい我慢すればいいかという基準はありません。

あなたが今まで一生懸命頑張ってきて、それでももう無理。毎日辛すぎて限界。と思うなら、それは甘えはありません。

友達から「それくらいで今の仕事を辞めるのは甘えだよ。もったいないよ。」と言われて、「じゃあもうちょっと頑張ってみるかな。」と気持ちが揺らぐくらいなら、まだ、仕事は辞めない方がいいです。

上司から毎日怒られ、泣くほど本当に辛くて「辞めたい!」となった時は、甘えてるとか。我慢が足りないんじゃないか。とか考える暇もなく「もう辞めよう…。」と、心が限界を感じ決断しくれます。

その心の声を聞き逃さないようにしましょう。

辞めて後悔しないためには

甘えだったのはないか。まだ我慢が足りなかったんじゃないか。と後悔しないためには、まず今できることを精一杯やってみるしかありません。

今、できることは、勇気を出して、問題の上司のさらに上の上司(または信頼できる人)に相談してみること。

相談したことで改善されればいいですが、いい結果ではない場合ももちろんあります。

しかし、相談したことでよけい上司からの風当たりが強くなっても、相談したことに価値があり、もし辞めることになってもあとあと後悔しないですみます。

辞めて転職できるのだろうかという不安を解決するには

「仕事を辞めたいけれどやめられない。」

辞めた後、お金のことも心配だし、転職できるかも不安で、辞めたいけれどそう簡単には辞められないのが実情ですよね。

でも、悩んでいても、時間ばかりが過ぎて毎日辛いだけ…。

そんな転職について不安があるときに、あなたの転職力や転職後の年収を教えてくれる無料でできる便利なサイトがあるんです。

転職・求人情報サイトの@type(アットタイプ)の運営している「転職力診断テスト」というものです。

@type

13万人分のデータをもとに開発された転職力テストで、あなたの転職力や、転職する場合の予想の内定社数、予想年収を教えてくれます。

転職前に、自分の転職力を少しでも知ることができることで、不安を減らすことができますよね。

診断テストをしてみる 無料!転職力診断テスト@type

「転職力診断テスト」を受ける方法など詳しくは、転職できるのか?転職後の給料はどれくらいか?事前に目安を知る方法の記事を参考にしてみて下さい。

もし仕事を辞めたら転職できるのか?転職後の給料はどれくらいになるのか?転職についての不安を事前に知ることができる便利な登録無料のサイトをご紹介します。

まとめ

上司に毎日怒られ、今、仕事で泣きたいほど辛い状態というのは、精神的にもかなりギリギリの状態だと思います。

仕事に対して怖くなったり、いつもできることができなくなったり、集中力も格段に落ち、ミスや失敗も多くなり、そしてまた注意され、自己嫌悪におちいる。

という負のサイクルに入ってしまいます。

辛い状況だからこそ、なにか行動を起こしてみないと何も変わらないもの。

・ 信頼できる人に相談してみる。

・ 今できることを考えてみる。

・ 転職の情報収集をしてみる。

など、普段とちょっと違う行動をして、いつもと違った一歩を踏み出してみましょう。

いつもと違った行動をしてみることで、負のサイクルから抜け出せるきっかけになります!

error: Content is protected !!