仕事は縁?転職活動で面接で落とされうまくいかなく悩んでいる時に読む記事

スポンサーリンク

話し合いをしているビジネスマン

仕事もやはり「縁(えん)」ってあると思います。

神様がいるかいないかはわかりませんが、

「あなたはこの仕事が実は合っているから頑張ってみなさい。」

「あなたはこの仕事をすると、今後人生で役に立つことがあるよ。」

「あなたの仕事はこれではないよ。もっと別の仕事が合ってるよ。」

みたいな感じで、知らず知らずに導かれている部分はあるような気がします。

私も、最初の仕事は、体調を崩してしまうほど最悪だったのですが、それでも「仕事は辛いもの」と、我慢して耐えていたことがあります。

今考えると、体調まで崩してしまったのは、自分に合っていない仕事をしていて、それでも気が付かないふりをしていたため、神様が「もう限界だよ。ここはあなたのいるべき場所じゃないよ。」と身体にまで助けて~というサインを出したのかな。とも思います。

その仕事に就いたのも「縁」ですが、その仕事を辞めたのも「縁」。

その仕事を辞めるときは、不安で不安で仕方なく、先が真っ暗でどうしたらいいのかもわかりませんでした。

しかし、フタを開けてみれば、その後の仕事の方が私にとってはよかったです。

人生って最悪だ。と思ってたことが、かえってよかったということもあるから不思議です。

そういう言う意味でも、人生でいろいろ迷うことはありますが、自然と何かに導かれてそうなっているのかもしれません。

スポンサーリンク

面接で不採用でよかったという話

私の知り合いの人(Aさん)で、「仕事ってホントに縁なんだ!」と、思うような出来事があった人がいます。

Aさんがある日面接に行ったら、面接官の機嫌が悪かったのかなんなのか知りませんが、なぜかけなされまくってその場で即(そく)、不採用になってしまったそうです。

その時、すごく落ち込んでいるのがわかったし、「もう面接も行きたくない。」と言っていたくらいです。

しかし、次の日、ビックリすることが!!

別で受けていたところで、もともと働きたかったところから「明日からで急なのですが来られませんか。」という電話がAさんにあったそうです。

あまりのタイミングにびっくりしたそうですが、「はい。行きます。」と二つ返事でOKし、次の日からAさんは働きはじめました。

その後、今もずっと同じ仕事をしていて、「あのとき、面接で嫌な思いしたけど。不採用にしてくれてよかったよ。」なんて笑いながら言っています。

このとき、本当に「仕事の縁」ってあるんだな。と思いました。

まとめ

転職活動をしているときって、本当に不安で不安で仕方ないですよね。

いくつも応募し、書類選考が通り、やっと面接にこぎつけても、不採用だったりすると本当に落ち込みます。

「自分のどこがいけなかったのだろう。」と自分を責めてしまいがちですが、本当は、ただ「その会社と縁がなかっただけ」なんですよね。

私も転職して仕事が決まらなく、面接で落とされたときは「自分には、その会社は合わないということなんだな。自分のいるべき場所ではないんだな。」と思うようにしています。

そして、Aさんの話を思い出しながら、自分が動いてチャレンジしていれば、「縁のある仕事は向こうからやってくる」のではないかと思っています。

error: Content is protected !!