仕事のプレッシャーに押しつぶされそう。責任ある仕事を任された時の体験談とプレッシャーに勝つ方法

スポンサーリンク

ビジネス女性

新しい仕事に転職したばかりだったり、同じ職場でも新しいプロジェクトやリーダーを任されたり、なにか今までと違って新しいことを始めると、最初は不安で怖いですよね。

それでも、やらなくてはならない。

せっかく採用してもらったんだから、早く仕事を覚えないと。

期待されてリーダーを任されたんだから、失敗は許されないきちんとしないと。

しかし、そう思えば思うほど、空回りしてしまい、できない自分が嫌になったりして、プレッシャーに押しつぶされてしまうこともあります。

プレッシャーに打ち勝つには、自信が必要です。

しかし、自信をつけるにはコツコツ経験を積むしかありません。

そのため、最初はどうしてもプレッシャーを感じつつも、失敗しながら経験を積んで、自信を少しずつつけていくしかないんですよね。

ここを踏ん張れるかで、今後大きく変わっていけるチャンスでもあります。

スポンサーリンク

リーダーの仕事を任されたときの体験談

私もある仕事で、5人くらいから多い時は15人くらいのリーダーの仕事を任されるようになったことがありました。

最初は「リーダーの仕事はとてもできないです。」とお断りしていたのですが、なぜか数日後からそのリーダーの仕事についての説明がはじまり、もう後には引けない状態になってました。

それまで、職場でも自分が一番下で、誰かに指示するという立場にもなったことがなかったため、最初はどうやって仕事を回したらいいのかわからず、プレッシャーばかり大きく空回り。

誰がどの仕事をしていてどれくらいの進行状況なのかも把握(はあく)できていなく、仕事が忙しい人と、暇な人ができてしまったり。

先輩に仕事をお願いする。ということができなくて、自分で仕事を背負ってしまい、一人で忙しくなり周りが見えなくなってしまったり。

そんな状態が続き、私がリーダーになったことで仕事が回らない、私では話にならないということで、最初の3ヶ月くらいは、私の知らない間に仕事が進められていたりして、私がいなくいてもいいというような感じのときもありました。

少し周りがみえてきてできるようになったかなと思っても、今度はスピードも要求され、急がされるとチーム全体のミスが多くなるので、不満がでたり、そのカバーをしたり…。

何度も忙しくてパニックになってしまい失敗したり、上司に細かいことを指摘されたり、すごく嫌な思いをし、何度もリーダーを辞めたいと思いました。

そして、リーダーなんて引き受けなければ、もっと平和に仕事ができたのにな。今さら断ることはできないだろうか。と後悔ばかりしてました。

しかし、その時の救いが、指導してくれる上司も先輩も、職場の人たちとの関係も良いほうだったこと。

職場の人たちの中には応援してくれる人もいて、せっかく任せてくれた仕事だし、期待を裏切らないように頑張るしかないと必死で覚え、半年後にはどうにか信頼してもらえるようになりました。

以前よりも責任ある仕事になったことで、余計、神経を使うようになったし、また、苦手な人とのコミュニケーションをとらないとまったく仕事にならないので、最初はとてもプレッシャーがありその重みに耐えられず苦痛でした。

しかし、1年・2年・3年と続けていくうちに、

「前、こうやってしまって失敗したから次はこうしよう。」

「前、人から聞かれたとき、自信がなくてすぐに決断できずなかったけれど、今度はすぐ決断しよう。」

「こう指示した方がわかりやすいんだな。」

「仕事をお願いするときは、こういう風に言えば角が立たないかな。」

「どうすればみんなが仕事がやりやすくなるんだろうか?」

など、時間とともに経験値も上がり、ミスや失敗をした分だけ改善点もわかるようになり、だんだんと今までと仕事の視点が変わり、周りが見えるようになってきていました。

このとき、みんなをまとめるというリーダーという仕事をさせてもらったことで、仕事の視野も広がり、いい経験にもなり、自分としては成長できたかなという思いはあります。

まあ、今となって振り返ってみるとそう思えるのですが、実際は仕事に慣れるまで大変でした(笑)

まとめ

プレッシャーに勝つには、自信をつけること。

自信をつけるには、経験を積むこと。

経験を積むには、ミスもするし、怒られるし、イヤなこともあるし、時間もかかります。

私も、すぐお腹が痛くなったり、緊張すると手が震えてしまったりして、プレッシャーに弱いのですが、このときはたまたま職場の人たちに恵まれていたため、何とか乗り切れたという感じでした。

たぶん職場の人間関係が悪ければ、リーダーなんてできなかったし、辞めていたと思います。

周りに1人でも相談できる人がいたり、信頼できる人がいると、救われますよね。

責任ある仕事を任されたときは、最初は、不安だし、怖いし、逃げたいと思ってしまうかもしれません。

しかし、そんな責任がある仕事を任されたときは、成長できるチャンスでもあります。

仕事のプレッシャーに押しつぶされそうでも、毎日コツコツ経験を積み重ね、ひとつひとつのことに対して自信をつけていくしかありません。

仕事ができる経験年数の長いベテランさんと比べるのではなく、昨日の自分と今日の自分を比べて、なにができるようになったか小さなことでもいいので見つけていくといいかもしれません。

あとは、人間関係がそれほど悪くない職場であること。

どんな仕事でも、人との関わりが必ずあります。

人間関係がいい職場でなくてもいいので、人間関係が最悪ではなければ、ほとんどの仕事は乗り越えられると思います。

error: Content is protected !!