転職し中途入社3ヶ月目|試用期間中だけど退職したい時に読む記事

スポンサーリンク

モノクロ色鉛筆

転職して実際働いてみたからこそ「なんかこの会社違うな。この職場違うな。」と直感で感じるものってありますよね。

それでも、まだ3ヶ月目だし「慣れていないからなのかな。」「そのうち慣れてくればこの違和感もなくなるのだろうか。」と自分でも手探り状態で、不安だったりしながら数ヶ月が過ぎていく…。

しかし、上司や先輩から、「もう3ヶ月目だよね。もっとできるようになってほしいの…。」「やる気あるの?」と毎日怒られたり、嫌味を言われたり、職場の雰囲気も合わなかったりなどが重なると、この職場で何年もやっていくなんて無理だな。と感じてしまいますよね。

私はいつもこの仕事続けられるだろうか。と考える時期として、仕事を始めてから3日目・1週間目・1ヶ月目・3ヶ月目…。という壁があります。

3ヶ月目くらいだと、少しは仕事になれてきたものの、まだすべてを把握できてなく、日によって気持ちも上がったり下がったり不安定な時期でもありますよね。

3ヶ月くらいで辞めるはちょっと早すぎるのかな。
もうちょっと頑張った方がいいのか。

でも、もう耐えられない。

まだ教えてもらってるところで「辞める」とは言いにくい。
辞めるというのになんて言ったらいいかわからない。

でも、もう仕事に行けないくらい辛い…。

転職してもまた同じだったらどうしよう。
それに今回の事で逃げるクセがついてしまったら…。

今後のことを考えると不安だけど、でも、もう無理。

考えれば考えるほど、「でも、でも、でも…」とできない理由を考え、不安も大きくなり行動できなくなってしまいますよね。

そこで、転職し中途採用され3ヶ月目だけどもう辞めたいけど迷っている時、どうやって決断したらいいのか。

もし、転職するとしたらできるのか?

短期での退職理由は面接でなんて言えばいいのか?

試用期間で辞める場合、上司になんて言えばいいのか?

など、どうしたらいいのかについてお話していこうと思います。

この記事を参考にして頂き、あなたにとってベストな方法を見つけて下さい。

スポンサーリンク

辞めたいけどまだ決断できない時の判断方法

新しい仕事をし始めて3ヶ月目くらいの時は、まだ仕事に慣れず気持ちに浮き沈みがあり不安定です。

だからこそ、この時期に上司に対して不信感や会社の体質や方針に違和感にも気がつきやすく、今後、この会社でやって行けるだろうか、という不安が余計に増し悩んでしまう時期でもあります。

一度、「嫌だ」「辞めたい」と思ってしまうと、なかなかもう少しこの会社で頑張ってみようかなとは思えないですよね。

もう辞めたいなと思った時は、次の2つの質問をあなた自身にしてみて下さい。

1.職場の環境、人間関係はどうでしょうか?それほど悪くないですか?

2.今、体調はどうでしょうか?悪くないですか?

職場の環境、人間関係はどうですか?

まず、職場の環境、雰囲気、人間関係はどうでしょうか?

3ヶ月目くらいだと必要なのは仕事に慣れる時間。覚える時間です。

その時間を過ごす「職場の環境」がとても重要だと私は考えています。

職場の環境や人間関係がまあ悪くない場合

今の職場で、尊敬できる人がいたり、一人でも相談できる人がいたりする。

ミスをすれば注意をされたり、怒られたりはあるものの、比較的過ごしやすい職場環境である。

職場の人間関係や環境がすごくいい!という会社も少ないと思いますが、「まあ悪くないかな?まあ最悪ではないかな?」と感じるなら、まだもう少し頑張ってみる価値があると思います。

職場の環境、人間関係が最悪の場合

しかし、逆に、上司や先輩から毎日なにかしら粗(あら)探しをされ、怒鳴られ、人格を否定されるようなことを言われ、職場では嫌味や悪口、無視なども日常的にあったりする。

職場に居ることすらももう嫌でしかたない。

普通に仕事さえもできないくらい追い詰められ、職場の環境が最悪であれば、無理して続けることはないと私は思います。

職場の環境が合わず頑張ってもどうにもならなかった時の話

ゆううつな表情な女性

私も、最初の数か月間なんとなく、上司の対応や職場の雰囲気に不信感や違和感があったものの、そのうち仕事にも慣れてくれば、この職場にもなじむだろうと思っていたことがあります。

上司からも「あなたは出来が悪い。」「やる気がない。」と毎日怒鳴られたり、注意をされていましたが、仕事ができるようになれば、嫌味を言われなくなるだろうと思いながら頑張っていました。

しかし、仕事に慣れる前に、怒られることへの恐怖が強くなってしまい、ミスをしたらどうしようと手が震えたり、上司に対して顔を見るだけで心臓がギュッとしめつけられるような緊張感に襲われ、普通に仕事ができないくらいでした。

また、職場でもその上司への恐怖から、おどおど自信なさげにしていることが多かったため、同僚からも無視をされたりいじめのターゲットになってしまいました。

そして、最後は、頭痛や吐き気などが頻繁(ひんぱん)に起こるようになって体調を崩し、休むことも許されず、結局辞めることに…。

このとき、自分の「努力」だけではどうにもならないこともあるんだな。と感じ、「もっと早く辞めておけば、これほど心を病まず(やまず)にすんだのに…。」と、早く決断しなかったことに後悔しました。

だからこそ、あなたの今の職場の雰囲気、職場の環境、人間関係は、「それほど悪くないか?」「この職場でやっていけそうか?」というところを今のうちにしっかり見極めておくことをおすすめします。

体調は大丈夫ですか?

次に、今、体調不良など、身体へ不調はでていないか?という質問です。

やはり、精神的ストレスが重なって無理をしていると、必ず体調にあらわれます。

そのため、現在、とくに体調には問題はない。ということなら、今の職場でもう少し頑張り、経験を積むことでまた新たな世界が広がるかもしれません。

しかし、今すでに、毎朝、頭が痛かったり、お腹が痛かったり、吐き気、食べられないなどの症状が出ているなら、もう身体も「限界」と言っている状態です。

これ以上無理をしてしまうと、もっと病気も重くなってしまう可能性があります。

私の中では、食事が食べられない、吐き気、または吐いてしまうという状態が長く続くようなら、もう限界だ。というサインと思い、辞めることを考え、転職についての情報収集などを始めることにしています。

最終的に判断ができない時は、あなたの今の体調で「続けるか。辞めるか。」を判断をしてもいいと思います。

体調はウソをつきません。

身体はあなたのことをよくわかっています。

だからこそ、身体からの「助けて」というサインを見逃さず、早めの判断をしましょう。

もし辞めるとしたら会社の上司になんて言えばいい?

もし、辞めると決めた場合、働き始めて3ヶ月目くらいだと、ちょうど試用期間中で、上司にも辞めるとは言いにくい状況でもありますよね。

しかし、何も言わなければ、このまままたずーっと辛い思いをしながら仕事に行くことになります。

ここは、勇気をもって「退職」の意思を伝えましょう。

退職の理由も上司からいろいろ聞かれると思いますが、

「私にはこの仕事は荷が重すぎできそうにないので…」

「会社の雰囲気が合わないので…」など、

あなたの思ったことを正直に話せばよいと思います。

そして、退職理由よりももっと大事なのは、引き止められても何を言われても「辞めます」という強い意志の方が重要です。

引き止められたら?

上司に辞めると相談すると、当り前ですが引き止められると思います。

会社側からみれば、せっかくこれからもっと仕事をしてもらおうと育てたのに…という思いがあり、そう簡単に「はい。わかりました。退職の手続きをします。」ということにはならないでしょう。

上司の中には、改善提案を出してくれる場合もあります。

しかし、その話を100%信用していいかは疑問です。

なぜなら、今までずっと続いてきた体制を変えるのは難しく、そこまで動いてくれる上司はあまりいないからです。

だからこそ、退職理由よりも「辞める」と伝える強い意志の方が大切なのです。

辞めるときに注意しなければならない後悔するパターン

結構、多いパターンとしては、辞めると相談したところ、

「みんな最初は仕事は大変だし辛いのは当たり前だよ。」

「何かあったら相談にのるよ。改善できることはしてみるよ。」

「大変のはあなただけじゃないんだから。」

と、いろいろ言われ、上司の押しに負けてしまいもう少し頑張って続けてみると納得してしまった。

でも、やっぱり「もう仕事に行きたくない。」と、仕事に行けないほど精神的に辛い状態に…。

どうして納得してしまったのか。後悔していて、今からでも「頑張って続けてみる」と言ったことを取り消したい。となってしまうことです。

確かに、今の仕事を辞め、お金のこと、生活のこと、新しい職場でもうまくいく保証はどこにもありません。

だからこそ、甘い言葉(相談にのるよ。とかできることは改善するよ。など)を言われたりすると気持ちが揺らいでしまうんですよね。

しかし、あなたがずっと「辞めたい」と思い悩み、しかももう「辞める」と一度決意し、上司に告げるという行動にまでうつした会社です。

そう簡単に改善されるはずもなく、しかも、一度辞めると言ったことで、以前より辛い状況で仕事をしなければならなくなる可能性もあります。

だからこそ、一度「辞める」決め上司に退職の意思を伝えたら、なんと言われようと、自分の意思を突き通す、強い気持ちの方が重要なのです。

今辞めると伝えたらいつ退職できる?

会社では社内規定があり、退職するには1ヶ月前に申し出ること。など書かれていると思います。

まず、社内規定を確認してみましょう。

しかし、まだ入社して3ヶ月しかたっていなく、先輩に仕事を教えてもらって仕事をしている時、辞めること伝え、あと1ヶ月も仕事をするのはつらいですよね。

法律上は、退職の意思を伝えてから2週間後となっています。

第627条
当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。(wikibooksより引用

そのため、最短で2週間後ということになります。

退職日は会社側との話し合いになり、ここが最後の難関です。


社内規定があっても、「なるべく早く辞めたい。(私がいることでかえってご迷惑になるので…)」という意思を伝え、2週間後に辞めさせてもらうようにお願いしてみましょう。

でも、今すでに「もう限界でできればすぐ辞めたい!」という状況になってしまっていることもあるかもしれません。

そんな時は、早急に退職する方法を参考にしてみて下さい。

人間関係に疲れ(とくに上司)、もう無理だ。限界だ。と、仕事を明日にでもすぐ辞めたいと思った時、どうすればすぐに退職できるのか。一日も会社に行きたくない場合どうすればいいのか。など、辞める手順や方法について詳しく解説。

3ヶ月で辞めるのは甘いのかな?

働きはじめて3ヶ月という期間だけ見れば、短いということになってしまいます。

他の人からみれば、「3ヶ月で何がわかるの?甘いんじゃない?」と言われるかもしれません。

しかし、3ヶ月で辞めるのが甘いかどうかを決めるのは他の人ではありません。

あなた自身が決めていいのです。

あなたが3ヶ月で辞めるのは甘いよな。という思いがあるなら、辞めるべきではないし、甘いということになるでしょう。

反対に、あなたが「もう十分だ。」「3ヶ月で辞めることに後悔はない。」と思うなら、3ヶ月で辞めることは甘くはありません。

仕事を辞めたいと思いながらやる気がなく、ダラダラと嫌々ながら仕事をするくらいなら、3ヶ月だろうが、1ヶ月だろうが、辞めるなら早い方がいいです。

今、この瞬間が一番若いです!

転職できるか不安な時は?

辞めると決断するときに、やはり気になるのは、次の仕事のこと。すぐに転職できるかということですよね。

3ヶ月で辞めることになってしまうと、次は慎重に選びたいし、同じ失敗したくないですよね。

失敗しないためにはやはり転職についての情報収集が大事になってきます。

今は、ネットでも簡単に情報収集ができ、転職サービスも豊富です。

中でも、あなたの転職力を数字で判断してくれる診断テストもあり、こういうものを利用してみると転職についての参考になりますよね。

診断テストでは、

・ 転職できるか?

・ 転職後の年収はどれくらいになるのか?

・ 転職した場合の予想内定社数はどれくらいか?

などが10~15分くらいでわかります。

無料でできるので、ぜひ利用してみましょう。

転職診断をしてみる 無料!転職力診断テスト@type

診断テストの手順ややり方などの詳しい記事はこちらです。

もし仕事を辞めたら転職できるのか?転職後の給料はどれくらいになるのか?転職についての不安を事前に知ることができる便利な登録無料のサイトをご紹介します。

また、現在は、転職支援サイトなどを利用して転職する人が増えています。

転職支援サイトとは、転職について相談にのってくれるアドバイザーさんがいて、あなたに向いている仕事を紹介してくれたり、転職までをサポートしてくれる登録など無料できるサービスです。

一人で転職活動するよりも、サポートしてもらった方が心強く、転職についての気になる点も相談できるところがいいです。

しかし、逆に一人で自分のペースで転職活動したい人に向かないので、そういう人には利用はあまりおすすめできません。

転職活動を早く確実に進めていきたい人、一人で活動するには不安な人、相談をしたい人にはおすすめなサービスです。

転職支援サイトのメリットとデメリットについて詳しくはこちらの記事へどうぞ >>

転職支援サイト(転職支援サービス・人材紹介会社・転職エージェント)とはどんなサービスなのか?利用するメリットとデメリットについて。そして、30代の女性におすすめの転職支援サイトをご紹介します。

転職するとき面接で3ヶ月で辞めた退職理由をなんて言えばいいのか?

転職するとき絶対聞かれるのが、前職を辞めた理由ですよね。

私もいろいろいい理由がないか考えてみたのですが、結局、何か嫌なことがあったから辞めたしか思い浮かびません。

だって、嫌でなければ辞めないですよね。

面接官だってそれくらい知っているはずです。

そのため、下手にウソをついたりせず、辞めた理由は正直に話してしまって、最後のしめをポジティブな言葉でしめくくるという方法が私のおすすめです。

仕事を辞めたいと思った理由の主なものは、

・ 仕事の内容が事前に聞いていたものとまったく違っていた。

・ 残業が聞いていたよりもとても多かった。

・ 仕事が覚えられない。

・ 仕事を教えてもらえない。放置されている。

・ 社風、会社の雰囲気が合わない。

・ 上司や先輩が理不尽に怒ったり、陰口や嫌味、人間関係が悪くて耐えられない。

など、面接でそのまま話してしまうと、否定的にとられてしまい印象が悪くなってしまいます。

そのため、面接では、例えば…

「仕事の内容が事前に聞いていたものとまったく違っていて、最初、戸惑いながらも一生懸命、朝早く出勤したり、お昼休みや残業時間などを使い、慣れようとしたのですが、どうしても上手くいかず、体調も崩してしまいました。」

「今は、体調も回復し仕事もできるようになり、前職では、3ヶ月という短い期間でしたが、○○や△△について学ぶことができました。」

この例文が100%完璧というわけではないですが、「あなたの正直さ」と、最後に、「なにか前向きな言葉」をもってくることで、退職した理由というネガティブな印象もガラッとかわりますよね。

中途入社3ヶ月目で退職したいときのまとめ

あなたが仕事を辞めたいと思い悩み、この記事を読んで最後まで読んで下さったということは、よほど辛い状況なのだと思います。

仕事を続ける。辞める。どちらの道を選んでも、怖さや不安があるので、簡単には決められないものですよね。

しかし、一番もったいないのが、「続ける」「辞める」どちらも選択せず、毎日毎日イヤだイヤだ。辛い辛い。と言って、モヤモヤ、うつうつとした気持ちのまま時が過ぎて行ってしまうことです。

私の仕事を続けるか辞めるか判断する方法としては、一番は「体調がどうか?」ということです。

今現在、体調不良などがなければ、「何か得るまで。何か身につけるまでやってやろう」と思いながら、もう少し頑張って続けてみる。

今現在、頭痛、腹痛、吐き気、発熱などの症状があるなら、もう限界であると判断し、辞める決断をし、新しい世界へ行くための準備をするというのが私の判断です。

3ヶ月くらいで辞めるのは、次の転職の際、不利になる可能性がありますが、このまま無理をして、身体(からだ)まで壊してしまっては次の転職活動もできなくなってしまうし、それでは元も子もありません。

一番最悪なのが、我慢に我慢を重ねてしまい、「明日からもう行けない。」となってしまい、無断欠勤したり、そのまま辞めることになってしまうことです。

急に辞めることになってしまわないように、我慢の限界になる一歩手前で、仕事を休む、誰かに相談する、辞める準備をするなど、早めに対策をしておきましょう。

まずは、今の辛く苦しい状態を抜け出すためには、なにか行動してみないことには、ずっと苦しいままです。

仕事を続けてみる、辞めるか、まだはっきり決断できなくても、転職できるか調べてみたり転職支援サイトをみて情報収集するだけでも、気持ちが少しラクになると思います。

まずはできることから始めてみましょう。

合わせて読んでおきたい記事

もし仕事を辞めたら転職できるのか?転職後の給料はどれくらいになるのか?転職についての不安を事前に知ることができる便利な登録無料のサイトをご紹介します。
転職支援サイト(転職支援サービス・人材紹介会社・転職エージェント)とはどんなサービスなのか?利用するメリットとデメリットについて。そして、30代の女性におすすめの転職支援サイトをご紹介します。

error: Content is protected !!