病気で仕事を休んでいて、久しぶりに職場に行ったらみんなの態度が冷たくなっていたら?

スポンサーリンク

ピンク色のカーネーション

病気やケガ、どんなに気を付けていても人間なので、どうしても仕事を休まなくてはいけない時はありますよね。

私もインフルエンザの時と、ケガをした時はそれぞれ1週間ほど仕事に行けないことがあったのですが、休み明け仕事に行くのがなんとなく怖い感じもしました。

ひとつは、休んでいる間、みんなに迷惑をかけてしまったので、ちょっと行きにくいな。という感情。

もう一つは、一日仕事ができるかな。という体力の問題。

他には、休んでいる間に、なにか仕事の変更があったり、予定が変わったりしていて、自分だけ知らないってことがないかな。などの不安はありますよね。

仕事を1日でも休むと、休み明けに仕事に行くのってなんとなく怖くなり、今まで通りに職場に溶け込めるかな。という心配があって、休むのが嫌だなという面もあります。

スポンサーリンク

休み明けみんなが冷たくなる理由

休み明けに仕事に行ったら、なんとなく今までと違いみんなが冷たい気がする。

そう感じる時は、人間関係にはいつも以上に十分気を付けた方がいいです。

ある職場で、腰を悪くしてしまい、しばらく休んでいた人がいたのですが、復帰した時、まだ、病み上がりのため、重い物をもったり、ずっと立って仕事ができない。ということで、比較的、楽な仕事をしばらくするようになりました。

確かにみんな心の中では、「仕方ない。」という感情はあって、頭では分かっていると思います。

しかし、実際その人が楽な仕事ばかりしてしまうと、他の人たちはみんな大変な仕事ばかりになり、負担が増えてしまいます。

それに、仕事ってみんなギリギリのところでやっているので、少しでも負担は減らしたいと思っているし、人の分まで仕事を引き受けられるほど暇でもないものですよね。

そうすると、頭では理解しているつもりでも、どうしてもよく思わない感情も出てきてしまい冷たくしてしまうこともあるのかもしれません。

その人の場合は、日頃からみんな上手くやっていて、その職場の環境もゆるくまあまあよかったので、とく冷たい態度をされるということもなく、みんなから「ずるい」と冗談を言われながら仕事をしていました。

こういう時に、その職場の人間関係をどう築いてきたかがわかるんですよね。

どうしたらいいのか?

きちんと謝る

もし、数週間休んでしまったら…。

(その職場の風習にもよりますが、休み明けにちょっとしたお菓子を持って行っていき、)職場の人たちに「ご迷惑をおかけしてすみませんでした。」という言葉はきちんと言っておきましょう。

これだけで全然、印象が違います!

まあ、お菓子はその職場によって習慣がありいらないところもあるかもしれませんが、お菓子と言っても気持ちと言うことであった方が伝わりやすいかなと思います。

中には、自分も病気やケガなど好きで休んでいたわけではないし、みんなが休んでいた時は自分が仕事をフォローしているんだから、謝る必要もない。お菓子にお金もかけたくない。という考えもあるかもしれません。

確かにそういう考えなのかな?という人も職場でいました。

そうなんですが、休んでいたことで誰かに迷惑はかけてしまっているので、ひと言「ご迷惑をかけてすみませんでした。」と、謝っておきましょう。

朝、みんなにひと言言っておくだけで、その後の仕事もやりやすくなれば、変なプライドは捨てて、謝ることなんてそれほど難しくないですよね。

無理して仕事に復帰しない

あと、もう一つは、気をつけたいのが、復帰して、あの仕事できない、これもできない。というのはやはりまずいです。

迷惑になるし、少しでも早く仕事に復帰したい。という気持ちもわかります。

しかし、中途半端に復帰されても、「よく来てくれたね。」というより、みんなそこまで気持ちに余裕はないので「楽な仕事ばっかりして。こっちにまたしわ寄せがくるのか。」という感情の方が強くなってしまい逆効果です。

少し長く休んでしまっても、無理して仕事に出ていくより、ある程度治ってから復帰した方がいいでしょう。

もし、今、冷たい態度をとられているなら、やはり仕事で挽回(ばんかい)するしかありません。

そして、まだ体調が戻っていなくて(上司から仕事に来るように言われていれば別ですが)、遅刻や早退したりすることが多いなら、ここは思い切ってもう少し休みをもらった方が、職場のみんなのためでもあります。

error: Content is protected !!