お正月休み明け職場に帰省時のお土産(お菓子)を持って行ったほうがいいの?

スポンサーリンク

リーフパイ

お正月休みに帰省して、実家で過ごす人も多いですよね。

美味しいもの食べて、楽しいお正月休み!

でも、お正月帰省したということを職場の人たちも知っているし、お正月明けの仕事始め、職場の人にお土産を持って行った方がいいのだろうか。と悩むこともあるかと思います。

お土産のやりとりは嬉しい反面、どんなものを持っていいか悩むし、配るのも大変だし、お返しとか気を使うので、めんどくさいなという部分もあったりして、難しいですよね。

お土産を職場に持ってく、持っていかないは自由。

職場でも、よくお土産を持って来てくれる人と、まったく持ってこない人に分かれると思います。

スポンサーリンク

お土産を持って行った方がいい理由

別に職場にお土産を買ってくることが強制ではないし、持ってこなくてもそれはそれでいいと思います。

でも、職場で自分がお土産をもらうことがあれば、もらってばっかりというわけにはいきませんよね。

これからも職場の人間関係をうまくやっていくためには、ときどきはお土産を配った方が、あとあと嫌味を言われなくてすみます。

とくに、女性の多い職場は日頃からお菓子のやり取りが多く、あの人はいつもお菓子を持ってこない。とか言われやすいですよね。

実際に、お菓子をその人だけに配らない「お菓子はずし」をしてる人もいました。

男性は、それほどお菓子の事で言わないと思いますが、女性の場合、お菓子のうらみは怖いです。

私も女性の多い職場では、毎日お昼を食べた後、みんなでお菓子を食べる習慣がありました。

私は、それほど普通の仕事の日には頻繁(ひんぱん)にお菓子を持って行かなかったのですが、旅行に行ったとき、どこか遊びに行ったときなどに、少し値段が高めのお土産のお菓子を持っていくようにしてました。

まとめ

職場によってお菓子を配る習慣があるところと、それほどお菓子の交換がないところもあると思います。

あと、職場の人数にもよると思います。

その職場の様子に合わせて、お土産を持っていく、持っていかないを決めればいいですね。

いつもお土産をもらっていて、たまにはなにかお返ししなくちゃな。と思うようであれば、とくにお正月休み明けは、新年のあいさつの「今年もよろしくお願いします。」という意味を込めて、なにかちょっとした手土産を持っていけば、喜ばれます。

そんなに高いものでなくても、「気持ち」が伝わればいいんですよね。

少し出費はありますが、ほんのちょっとしたことで、職場の人間関係がうまくいけばそっちの方が得ですよね。

error: Content is protected !!